三菱「デリカミニ」突如現れた新型軽自動車の正体 デリカの名を冠したSUV軽ワゴンが先行公開

✎ 1〜 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 114 ✎ 最新
拡大
縮小
2022年11月4日にエクステリアデザインが公開された「デリカミニ」(写真:三菱自動車)

なんという不意打ちであろうか。三菱自動車が、SUVテイストの軽自動車を開発しているという噂はあった。しかし、それは「パジェロミニの復活ではないか」という憶測であった。まさか、「デリカミニ」が登場するなど、多くの人は予想していなかったであろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

なぜって、「デリカD:5」は3列シートのミニバンだからだ。法規上、4名乗車までとなる軽自動車で、デリカの名を冠するとは考えづらかった。また、三菱には「ekクロス スペース」という、SUVテイストのデザインを持つスライドドアのスーパーハイトワゴンがすでにラインナップされている。

スズキ「スペーシアギア」や、2022年10月に出たばかりのダイハツ「タントファンクロス」に対抗するクルマはすでにあったのだ。だから、デリカミニが登場するとは、予想外だったのである。

三菱の看板モデルの名を冠して

1990年代に登場したパジェロミニは、当時三菱の看板モデルとなっていた「パジェロ」のスタイルを継承し、大ヒットした。しかし、今パジェロは存在しない。仮にパジェロが現在も生産されていて、それをなぞらえたパジェロミニが登場したとしても、スズキ「ジムニー」のような2ドアSUVの市場はニッチだ。

しかも、仮にパジェロミニを作るとしたら、プラットフォームを新開発する必要もあるだろう。いずれにしても“パジェロミニ復活”は、現実的ではなかったのだ。そう考えれば、デリカD:5は今、三菱の看板モデルとなっているし、“オフロードのミニバン”というモデルは他社にない、唯一無二である。

デリカD:5(写真:三菱自動車)

折しも今は、SUV全盛の時代。さらに軽自動車の主流は、スライドドアのスーパーハイトワゴンである。これらヒットの要素を兼ね備えたデリカミニは、まさに“旬なクルマ”と言えるだろう。三菱は、このデリカミニについて次のように説明する。

「新型『デリカミニ』は『DAILY ADVENTURE(毎日の冒険)』をデザインテーマとした、SUVらしい力強いスタイリングの軽スーパーハイトワゴンです。『デリカ』シリーズはSUVとしての走破性とMPVとしての居住性を融合させた、三菱自動車ならではのオールラウンドミニバンとして、家族や仲間たちとアウトドアレジャーを楽しむお客様にご愛用いただいています。アウトドアレジャーの人気が高まる昨今、その『デリカ』シリーズの世界観を軽スーパーハイトワゴンに詰め込み、新型『デリカミニ』として提案します」

次ページ実車の公開は東京オートサロン2023
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT