「双子パンダ」もうすぐ親離れ?抽選なし観覧開始 観覧方法は?抽選なしになった日に園を訪れた

拡大
縮小
上野動物園の双子パンダを見る人だかり
抽選なしで観覧できるようになった初日の2022年10月4日。左から、雄のシャオシャオ、母シンシン、雌のレイレイ(筆者撮影)
この記事の画像を見る(6枚)
上野動物園で生まれた双子のジャイアントパンダの観覧で抽選制が終わりました。でも、この場所で双子を観覧するのは、あと3カ月足らずかもしれません。

10月4日から抽選制が廃止された

東京・上野動物園で初めて生まれた双子のジャイアントパンダ、シャオシャオ(暁暁)とレイレイ(蕾蕾)、そして母シンシン(真真)の母子3頭の観覧は、10月4日から抽選制が廃止され、列に並んだ順に観覧できるようになった。

抽選期間は約8カ月間に及んだ(新型コロナウイルス対策の約2カ月間の臨時休園を含む)。双子の姉のシャンシャン(香香)の抽選期間は約1カ月半、先着順の整理券制が約4カ月間だったので、比べると長い。「双子ということもあって、より慎重に見極めました」(上野動物園の大橋直哉教育普及課長)。

10月4日は、午前9時30分に開園してから、3頭の公開が始まる10時までの間、観覧待機列に並んだのは350人。この日の待ち時間は最長で1時間となった。

抽選が終わっても、好きな時に好きなだけ観覧できるわけではない。3頭の観覧エリアは4カ所に分けられ、それぞれのエリアで観覧できるのは各1分。4カ所のうち2カ所は外なので、3頭が室内にいれば、ほぼ2カ所でしか観覧できない。観覧者はグループに分けられ、グループごとに移動する。

この方法は抽選制の頃と同じだが、1グループの人数が異なる。抽選時は、もっと少なく、筆者の経験では、ほとんど10人未満だった。それが10月4日以降は「最多で約25人」となる。10月4日午前の取材時に数えたら、15人のケースが多かった。

上野動物園の双子パンダを観覧する人々
10月4日午前10時になり、母子3頭の室内公開エリアへ先頭の観覧者が入場(筆者撮影)
次ページ観覧列に並べるのは午後3時30分まで
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT