スバル「フォレスターSTIスポーツ」追加の真意 モータースポーツ発信のプレミアムグレード

拡大
縮小
フォレスターSTIスポーツ
2022年8月25日、追加設定されたフォレスターのSTIグレード。価格は、363万円となる(写真:SUBARU)

世界的なSUV(スポーツ多目的車)人気のなかで、スバルを牽引する車種である「フォレスター」に今夏、STIスポーツが車種追加された。このフォレスターに追加されたSTIスポーツというグレードについて、スバルは暮らしのなかでの日常的な利用において、運転者とクルマとの一体感をより高めた車種であるという。

ツーリングワゴンからSUV、フォレスターの歴史

初代フォレスター
1997年2月にデビューした初代フォレスター(写真:SUBARU)

フォレスターは、1997年に初代が誕生した。

スバル(当時は富士重工業)は、早くから乗用車での4輪駆動(4WD)を実用化し、1980年代の「レオーネ」からツーリングワゴンという価値で時代を築いてきた。さらにレオーネの後継である「レガシィ」の中で、ツーリングワゴンの地上高を上げた「アウトバック」(国内では当初グランドワゴンを車名とした)が1994(北米)~1995年(日本)に発売され、悪路走破性を兼ねたワゴン車の価値で先行した。このため、初代フォレスターの発売は1997年からとなる。しかも当初は、SUVというよりステーションワゴンの延長線というつくりであった。

2代目フォレスター
2002年2月にデビューした2代目フォレスター。ここからSUV色を強めていく(写真:SUBARU)

本格的なSUVの価値を提供したのは、2002年の2代目フォレスターからといえるだろう。そして2007年の3代目から大きく進化し、人気も高まった。ここからSUVとしての機能が充実していき、2012年の4代目では、X-MODE(エックス・モード)と名付けたヒルディセントコントロールを備える悪路走破技術が強化され、現行の5代目でX-MODEはさらに進化し、電気自動車(EV)の「ソルテラ」とトヨタ「bZ4X」でも採用されている。

一方、ドイツのSUVは、BMWの「X5」をはじめ、ポルシェ「カイエン」などのように、SUVでありながらサーキット走行もできるほどの高性能車が現れ、必ずしも未舗装路でのたくましさや、それを印象づける外観だけがSUVではないといった価値観が加わった。アメリカでは、外観はSUV風だが2輪駆動(2WD)の車種も加えられ、セダンやハッチバックにかわってSUV気分を味わえればいいという志向も現れた。

次ページフォレスターにSTIスポーツを追加した狙い
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT