AIが人類超え?再注目されるあの"予言書" レイ・カーツワイルの大胆予測

✎ 1〜 ✎ 55 ✎ 56 ✎ 57 ✎ 最新
拡大
縮小

人間は生物であるための機能上、能力上の制限がある。しかし、コンピュータの無限の能力を補えば、人間がその制限を超えることができるというのが、シンギュラリティの真意だ。コンピュータは決して脅威ではなく、人間の能力を拡張するための伴侶であるという考え方だ。カーツワイルは、未来に対してびっくりするほどの楽観的視点の持ち主なのである。

実はカーツワイルが予想してきたのは、AIだけではない。スーパー・コンピュータ、ナノテクノロジー、遺伝学、ロボットと、彼の守備範囲は広い。いわば未来を広く透視するような、特殊な関心と感性を持った人物なのである。

『シンギュラリティ』に先立つ1999年には、人の心を持ったようなコンピュータが可能になるなど、未来のテクノロジーと、それと一緒に生きるわれわれの生活を『The Age of Spiritual Machines』で描いていた。

米国人の理想を体現する人生

アメリカでは「自分自身のドラムビートに乗って生きる」という表現がある。誰の指示にも従わず、どんな社会制度にも牛耳られることなく、自分の関心の赴くままに生きる方法のことだ。カーツワイルはまさにそんな生き方をしてきた人物である。

5歳の時にすでに発明家になろうと決心。高校生の頃には早くも音楽を作曲できるコンピュータ・プログラムを編み出していた。その後は、次々と発明に手をつけてきた。その多くが、現在われわれが恩恵を受けている数々の製品に盛り込まれている。

よく知られているのは、多様なフォントを用いたテキストが読み取れるソフトウェア、フラットベッド・スキャナー、文字を音声で読み上げるソフトウェア、楽器の音を合成するシンセサイザー、音声認識ソフトウェアなど。

その中には、視覚障害者の便宜を図ろうと発明されたものもあれば、ミュージシャンのスティービー・ワンダーのひとことに刺激を受けて作ってしまったものもある。音声認識などは、今でこそわれわれがやっとそのテクノロジーの意味を理解し始めたところだが、カーツワイルは1980年代にすでにその開発に手をつけていた。

次ページ次は、人間の寿命を延ばす?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT