文明は、過去も将来も指数関数的に進化する

カーツワイル氏が語る「シンギュラリティ」

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)●ニューヨーク生まれ。世界屈指の発明家、思想家、未来学者であり、この20年のさまざまな出来事を予言してきた。アメリカの「発明家の殿堂」に名を連ね、「ナショナル・メダル・オブ・テクノロジー」「レメルソン-MIT賞」など優れた発明に贈られる世界最高峰の賞を数々受賞。現在はグーグルでAIの研究開発に携わっている。著書に『ポスト・ヒューマンの誕生-コンピュータが人間の知性を超えるとき』(NHK出版)。
科学やテクノロジーの進展により、人工知能が人間の知能を上回るのが今から30年後の2045年といわれている。そのとき、私たちの生活はどう変わるのだろうか――。NHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来」(NHK総合。第3回1月24日、第4回1月25日放送予定)に出演する、未来学者のレイ・カーツワイル氏に語っていただいた。

 

人工知能の進化は、人類の「全知性」を10億倍にする

みなさんのお手元には、手の平サイズのスマートフォンがあると思います。もちろん、私も持っています。このスマートフォンの性能がどのように変化してきたかご存じでしょうか。

1970年前後、私はマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生でした。当時実験に使用していた最先端のコンピュータは、今のスマートフォンの数十億分の1の性能しかありませんでした。当時、スマートフォンと同じ性能のコンピュータを作ろうとしたら、およそ10億倍ものコストがかかったはずです。大きさにしても、手の平に乗るスマートフォンは、当時の大型コンピュータに比べてわずか10万分の1になっています。

あのときから45年。この間に遂げた性能、コストパフォーマンス、キャパシティの著しい発展はすさまじい勢いです。実は、それはさらに続きます。しかもここから先は、指数関数的な増加を見せると考えられているのです。

ご存じのように、指数関数は、爆発的な伸びを見せる関数です。直線的な数字では「1・2・3・4・5」と進んでいくところ、指数関数は「1・2・4・8・16」と進んでいきます。5回目ではそれほど大きな違いに見えませんが、30回を超えるとどうでしょうか。直線的な数字の進行では「30」ですが、指数関数的な進行では「10億」になります。40回を超えると「40」に対して「1兆」、その差はもはや比較の対象にすらなりません。

番組のウェブサイトはこちら

指数関数的に発達した30年後の2045年、コンピュータの進展とともに人類はどうなっているでしょうか。私はこう考えます。

「人類の生物学的知性とコンピュータの人工知能を組み合わせた『人類文明の全知性』は、現在に比べて10億倍になっている。そのとき、コンピュータは血液細胞とほぼ同じ大きさになっている。人類は脳の内部にこのテクノロジーをはめ込み、脳をクラウド上に置き、思考をさらに大きくする――」

次ページ紛れもない現実として現出すること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。