伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ 元厚生労働省事務次官の村木厚子氏に聞いた

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小

子育て中の社員だけが使える制度を整えても、真に女性が働きやすい職場は作れない。

5~8時までに働き始める「朝型勤務」を全社でスタートしてから、女性社員の出生率が急上昇したとする伊藤忠。いったい、どういうことなのか(撮影:今祥雄)

特集「人口減サバイバル」の他の記事を読む

「出生率1.97」
伊藤忠商事が4月に公表した2021年度における女性社員の期間合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子どもの推計人数)は、同年度の日本の出生率である1.30を大きく上回る数値だった。2010年度には0.94だったのが、劇的に上昇した格好だ。
海外への赴任や営業活動など、仕事がハードで男社会のイメージが強い同社だが、出産した社員が働き続けようと思える企業になりつつある背景には、2010年から試行錯誤をしてきた働き方改革の成果があるという。
とくに効果的だったと自負するのが、2013年に導入された朝型勤務制度だ。20時以降の勤務を原則禁止とし、早朝の5〜8時までに勤務した場合には、深夜残業と同様に割増し賃金を支払う。今は、5割を超える社員が8時前に出社している。
仕事を朝型にすれば、なぜ女性社員は働き続けられるのか。元厚生労働省事務次官で、伊藤忠の社外取締役として女性活躍推進委員会の委員長も務める村木厚子氏に聞いた。

2010年度に0.94→2021年度に1.97

――伊藤忠は今年、女性社員の出生率の推移を公表しました。2010年度に0.94と全国の出生率より低かったのが、2015年度に1.54、2021年度に1.97と急上昇しています。

伊藤忠は今回、これまでやってきた女性活躍の取り組みに関するデータを徹底的に整理し、何がダメで、何が効果的だったのかを洗い出した。そこでわかったのが、全社的な働き方改革を実施してから出生率が大きく上がっているということ。因果関係の証明はできないが、そう受け止めている。

次ページ上司や同僚が激務だと乗り切れない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人口減サバイバル
データで見る「日本の人口減」あまりに厳しい現実
出生数はピークの3分の1、生涯未婚は30年で5倍
出生率悪化で年金「将来給付50%割れ」に現実味
日本の少子化は多少の支援拡充では解決しない
岸田政権は「子ども予算倍増」も財源論は曖昧だ
「人口減は日本を滅ぼす、古い家族観を見直せ」
SNSでは「就活の参考」「産め圧力になる」と賛否
少子化対策に詳しい中京大・松田茂樹氏に聞く
20年前の「消滅危機」乗り越え町のサービス維持
超高齢社会に向けた医療改革も医師会は大反対
香取照幸×権丈善一「キーマン」2人が語り尽くす
低賃金に円安加速、労働者は韓国や台湾に行く
家族社会学者の落合恵美子教授に聞いた
ごく普通の「幼児教育」が日本財政に与える好影響
家族の経済学に詳しい山口慎太郎氏に聞いた
「アジアの後進国化」回避のカギはシニアのDX
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
元厚生労働省事務次官の村木厚子氏に聞いた
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内