有料会員限定

大前研一が語る「少子高齢化のビジネスチャンス」 「人口減は日本を滅ぼす、古い家族観を見直せ」

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

少子化を嘆いてばかりいても解決はできない。大前研一氏が語る、高齢化社会を逆手に取ったビジネスのチャンスとは。

大前研一(おおまえ・けんいち)/経営コンサルタント。1943年生まれ。米マサチューセッツ工科大学大学院で博士号(原子力工学)取得。日立製作所を経て、マッキンゼー日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任。ビジネス・ブレークスルー大学学長として日本の将来を担う人材の育成に力を注ぐ。(撮影:今井康一)

特集「人口減サバイバル」の他の記事を読む

加速する少子化、人口減の現実に、日本はどう向き合えばよいのか。経営コンサルタントの大前研一氏に打開策を聞いた。

──コロナ禍で人口減少のペースが上がりました。

イーロン・マスクまで「日本は消滅する」と言い始めているが、日本にとって人口減は国家存亡の危機といえる。2030年以降、15~64歳の生産年齢人口は急激に減少する。

若い人、働く人が減ると、労働供給や市場が縮小するばかりでなく、消防や警察、自衛隊にも人が集まらなくなる。そうしたらいずれ国を乗っ取られるだろうね。日本には2000兆円もの個人金融資産があって、よその国がこの国を奪ったらそれはリッチになる。

次ページ戸籍から公的支援まで “総合工事”が必要
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人口減サバイバル
データで見る「日本の人口減」あまりに厳しい現実
出生数はピークの3分の1、生涯未婚は30年で5倍
出生率悪化で年金「将来給付50%割れ」に現実味
日本の少子化は多少の支援拡充では解決しない
岸田政権は「子ども予算倍増」も財源論は曖昧だ
「人口減は日本を滅ぼす、古い家族観を見直せ」
SNSでは「就活の参考」「産め圧力になる」と賛否
少子化対策に詳しい中京大・松田茂樹氏に聞く
20年前の「消滅危機」乗り越え町のサービス維持
超高齢社会に向けた医療改革も医師会は大反対
香取照幸×権丈善一「キーマン」2人が語り尽くす
低賃金に円安加速、労働者は韓国や台湾に行く
家族社会学者の落合恵美子教授に聞いた
ごく普通の「幼児教育」が日本財政に与える好影響
家族の経済学に詳しい山口慎太郎氏に聞いた
「アジアの後進国化」回避のカギはシニアのDX
伊藤忠が「8時前出社」導入で出生率急上昇のナゼ
元厚生労働省事務次官の村木厚子氏に聞いた
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内