有料会員限定

日本人が「結婚、出産」をこうもリスク視する事情 日本の少子化は多少の支援拡充では解決しない

印刷
A
A

非正規社員などが拡大する中、「世間並み」になれる見込みがない若者にとっての結婚や出産は回避すべき「リスク」となった。

近年は男性が女性にある程度の収入を求める傾向が強まっている(撮影:今井康一)

特集「人口減サバイバル」の他の記事を読む

毎年6月、前年の出生数が公表されるたび、年中行事のように少子化が話題になり、少し経つと忘れられる。30年以上前から認知されていた問題にもかかわらず、「若者の価値観が変わった」「女性の社会進出が」といった同じようなタイトルの記事が躍り、「育児支援の充実を」で締めくくられる。

「1.57ショック」という言葉が作られ、合計特殊出生率という専門用語が一般化したのは1990年のこと。そして、少子社会という言葉で、少子化に警鐘を鳴らした『国民生活白書』が出たのは、ちょうど30年前の1992年である。その後30年間、合計特殊出生率は1.25〜1.50の間にあり、多少の上下はあるものの低位で安定している。少子化の最大の要因である未婚率は上昇傾向にあったが、2000年ごろから若年者の未婚率上昇は頭打ちになり、こちらも安定している。

30年間ほとんど変わらない構造

次ページ少子化時代に生まれた世代が出産世代となる
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
人口減サバイバル
データで見る「日本の人口減」あまりに厳しい現実
出生数はピークの3分の1、生涯未婚は30年で5倍
出生率悪化で年金「将来給付50%割れ」に現実味
日本の少子化は多少の支援拡充では解決しない
岸田政権は「子ども予算倍増」も財源論は曖昧だ
「人口減は日本を滅ぼす、古い家族観を見直せ」
SNSでは「就活の参考」「産め圧力になる」と賛否
少子化対策に詳しい中京大・松田茂樹氏に聞く
20年前の「消滅危機」乗り越え町のサービス維持
超高齢社会に向けた医療改革も医師会は大反対
香取照幸×権丈善一「キーマン」2人が語り尽くす
低賃金に円安加速、労働者は韓国や台湾に行く
家族社会学者の落合恵美子教授に聞いた
ごく普通の「幼児教育」が日本財政に与える好影響
家族の経済学に詳しい山口慎太郎氏に聞いた
「アジアの後進国化」回避のカギはシニアのDX
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内