田中圭主演Huluドラマが「ほどよくあざとい」理屈 “おっさんず"再来から始まる「死神さん2」

✎ 1〜 ✎ 78 ✎ 79 ✎ 80 ✎ 最新
拡大
縮小

役にハマった演技を楽しめる作品であることはシーズン1から証明しています。田中は「前作はちょうど、『儀藤が自分の身体に入ってきたな』というところで撮影が終わってしまった」と謙遜したコメントを残していますが、儀藤というキャラクターに愛着を持たせる力を発揮しています。クセが強すぎると思うのは始めだけ。嫌味のないキャラクターに仕上げています。

闇に葬られた冤罪事件の真相をあぶり出していくときの決め台詞「逃げ得は許しません」は脱力系ドラマを象徴しています。正義感にあふれすぎずに、正義を貫く。ちょうどいい加減が田中演じる儀藤の台詞回しに表れています。

「おっさんずラブ」で共演した2人

扱う冤罪事件は、警察組織が掘り返されたくないワケありもの。相棒と共に、事件の証言と証拠を徹底的に洗い直して、事件を180度転換させて真犯人を検挙していく展開は痛快ですが、言うなれば、紋切り型でもあります。スリル感が薄味なのは残念な点です。

オススメしたいのは、毎話異なる相棒役を演じるゲスト俳優と田中圭の化学反応を楽しむこと。シーズン1の第1話に登場したバイプレーヤー俳優の小手伸也と田中圭の見事な掛け合いから役作り対決を確信できるはず。期待が高まったシーズン2の第1話もバイプレーヤー俳優を当てに行き、しかもその役者は吉田鋼太郎。田中と吉田と言えば、社会現象にもなった人気ドラマ「おっさんずラブ」で恋仲を演じた2人です。

人気ドラマ「おっさんずラブ」で田中圭と恋仲を演じた吉田鋼太郎(写真左)が相棒役でゲスト出演する(写真:Hulu)

吉田は今回、マッチングアプリを駆使して女性とデートを繰り返す一癖ある監察医、灰田優人(はいだゆうと)という役。女好きの“おっさん”役ですが、捜査中に田中演じる儀藤と「手つなぎ」する、あざといシーンも用意しています。コメディー要素もある作品ですから、役者のファンに向けたこういう遊びは受け入れやすく、シーズン2ならではの余裕すら感じます。

ゲストの相棒役は吉田以降、奈緒に小関裕太、松本若菜、大友康平と若手実力派から大御所まで揃えています。毎話、濃いキャラクターたちがぶつかり合い、交通渋滞が起こりそうでもありますが、構図は安定させた作り。儀藤の連絡係、小刀祢葵(ことねあおい)役を演じる山本舞香がこれについて説明しています。

「私と田中さんは基本、同じテンションのままでいるキャラクターです。そこにゲストの方たちが演じる、いろいろな色を持ったキャラクターが加わることでさらに面白くしてくださっています」

三井のリハウス歴代リハウスガールで今や売れっ子女優の山本舞香は田中圭演じる儀藤の連絡係役(写真:Hulu)
次ページテストなしで本番に入る撮影現場
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT