米スタバ、なぜ日本を完全子会社化するのか

本社キーマンが語る日本のポテンシャル

もう一つは新ブランドを日本に導入していく。それは紅茶のブランドだ。数年前にティバーナという会社を買収した。これまでSBJやってきたことを、紅茶という世界でもできないかと考えている。日本における成長の滑走路はまだまだ長く伸びており、長期的な視野で考えている。

――昨年9月、東洋経済のインタビューでSBJの関根純CEOは、紅茶専門店について、「日本に合うかどうか見極める必要がある。(本社が)無理矢理日本に押しつけてやることはない」と話していた。

 重要なのはスタバ本社もSBJも一つということ。日本での経営は、日本で判断していく。ただ、SBJはスターバックスコーヒーカンパニーの一員だ。日本で成功するように、グローバルではいろんなものがあるし、スキルもある。

消費者にオーナーシップは関係ない

John Culver●米国ネスレ社を経て、2002年スターバックス入社。07年にスターバックス・コーヒー・アジア・パシフィック プレジデント、09年にスターバックス・コーヒー・インターナショナル プレジデントを経て、11年から中国・アジア太平洋部門のプレジデント
 

――これまでにも、英国や中国などで合弁会社をスタバ本社が買収するケースがある。

そういったオーナーシップの話は、消費者から見ればまったく関係ない。合弁でやるのか、100%子会社なのかにかかわらず、お客様に見える店のオペレーションを一貫してやれるかが重要だ。

日本は売上も規模も大きく、オーナーシップを変えるというのは理にかなった時期だったと思っている。現在でも一緒にパートナーシップを組んで、成長している国はたくさんある。

――完全子会社化されることで、SBJの関根CEOは「人材や商品を世界中のスタバに”輸出”できるきっかけになる」とも語っている。

 イノベーションにおいて、日本は常に先頭を走ってきた。店舗デザインにしても、商品にしてもユニークで革新的なものを作り出している。たとえば、抹茶ティーラテ。これはもともと日本で開発されたものだが、今や世界中の店舗で販売されている。

次ページアジア地域のポテンシャルは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT