アパルトヘイト撤廃20年、激変の南アフリカ

南アフリカ全権大使に聞く

――どのように関係を作っていけばいいですか?

ペコ大使:人間関係は日本と似ているところがあります。年長者を敬います。
そしてビジネスをスタートする時には人を知るところから始まります。ビジネス上だけではなく、その人の家族、趣味などその人自身を知らなければビジネスには入れません。イノベーションが好きな一方、慎重なところもあるのです。

家に招かれたら、最初はテストされていると思え?

南アフリカでは人を家に招くことが好きで、ビジネスをすると、招かれることも多いでしょう。リラックスしたムードで楽しいのですが、実はこの時にはあなたはテストされていると思ってください。

ホスト側の用意した環境の中でどのように食事を楽しむか、どう振る舞うか、世界の出来事に対してどのような意見を持っているか、何に関心があるか。仕事から離れてリラックスしたムードな中で本来のその人が見えてきます。それを見られているのです。

――それはプレッシャーですね。

ペコ大使:もちろん、あからさまにテストしているという雰囲気はありません。あまり緊張しすぎることはありませんが、評価されているということは知っておいたほうが良いと思います。さらに言えば、招かれてそれを断るというのは失礼にあたりますので、できる限り受けるようにしてください。

招く家も広い家もあれば、質素な家もありますが、狭くても南アフリカの人は恥ずかしいなどとは気にしません。お客様専用の食器を用意しておいて、出来る限りのおもてなしをするのです。質素であろうがなんだろうか「とにかく私が出した料理を食べて!」という気持ちです。

――ブラーイというバーベキューも有名ですね。

ペコ大使:そうです。ブラーイは南アフリカのバーベキューで、人が集まって食べ物を囲み沢山話し、食べます。そこでの会話はとてもインフォーマルで楽しいのですが、そのインフォーマルな中から「人」を見るのです。

――スポーツも好きで話題にすると喜ばれるそうですね。

ペコ大使:ラグビーやクリケットなどスポーツは大好きです。ぜひスポーツを知っておいてください、話題にすると喜ばれますよ。

日本人は最初のミーティングなどですでに契約書案を準備していて、すぐに本題に入る事がありますが、ビジネスをうまく進めたければ急ぐと失敗します。そういった面ではとても懐疑的なのです。初めて会って、いきなりビジネスの話をすると「ちょっと待って。何が好き?何人子どもがいるの?」と話したりします。個人的な話をしてゆっくり関係を築いていくのです。家族同士で集まることもあり、そのような関係が築ければ長く付き合う事ができます。

――そうなると時間の使い方はゆっくりですか?

ペコ大使:そうですね。もちろん時間は貴重です。ですが、あまりきっちりはしていません。”I’m coming now now”と言われることがあります。Nowと言われると日本人には本当にすぐをイメージしますよね。ですがこの”Now Now”は「そのうちいつか行くから待っててね」ということです。そこは遅れても怒らず、我慢強く待って下さい。30~90分、もっと長いこともあります。

次ページ黒人に技術を持たせるBEE政策
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT