ヨーロッパにも「そば」を好む国があった!

日本と人口200万の国の意外な共通点

 スロベニア共和国大使館のオト・プンガルトニック全権公使
イタリアやオーストリアに国境を接するスロベニア共和国。直接的にはかかわりのない日本人も多いかもしれないが、実は意外な面で共通点がある。自然豊かな小国の生き方という点でも参考になりそうだ。スロベニア共和国大使館のオト・プンガルトニック全権公使に聞いた。

食に共通点が!

――スロベニアはとても日本と近いものがあると聞きました。それは何ですか?

みなさんびっくりされるのですが、「そば」なのです。スロベニアでは年間のそば消費量が日本より多く、毎日のように食べます。

粉にしてミルクと一緒に飲んだり、パンにしたり、ケーキやお菓子に使ったり、そばを使ったレシピがとてもたくさんあります。

そばの話をすると小さい頃を思い出します。近くに山があり、ときどき父と一緒に登ったのですが、そのとき、保存食に持って行ったのがそば団子です。

とてもシンプルな料理で、まずはそばの実などを丸めて揚げます。いい色に揚がったところでミルクやクリームに入れ、そしてそのボールを葉野菜に包んで持って行くのです(※作り方はいろいろあります)。

スロベニア版おにぎりとでも言いましょうか。野菜も取ることができて栄養満点なうえ、おなかでそば団子が膨らむので腹もちがよいのです。山に行くときには大抵このそば団子を持って行きました。

日本でもそばは伝統的な食べ物ですよね。そばの食べ方はスロベニアと日本、それぞれにおいしいレシピがありますので、情報を交換してよりよいものを一緒に作って行ければいいですね。お互いから学ぶことがあり、新しいものを創り出すことで、利益を得られますよね。

次ページハチがペット?!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。