下落相場で増加!「リベンジ投資」は身を滅ぼす 「損することを嫌う」心理がさらなる損を招く

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
株式投資に失敗し、頭を抱える女性
大きく負けて冷静な判断力を失っている状態での投資は危険です(写真:koumaru/PIXTA)
株価が下がると、このまま下がり続けたらどうしよう、という不安が大きくなる。この心理は初心者でも経験豊富な個人投資家でも変わりません。兼業投資家として総資産5憶円を超える上岡正明氏は、どんな相場でも勝ち続けるためには、投資スキルや情報よりも、メンタルが重要だと言う。その上岡氏が、自身の経験とトレード調査をもとに「投資家心理」を重視する投資術をまとめた『株メンタル:トップ3%投資家の最強ソリューション』を上梓し、発売早々重版になるなど、話題を呼んでいる。今回は、約20万人のチャンネル登録者を誇る投資系YouTuberでもある上岡氏が「多くの個人投資家が陥りやすい投資家心理」について解説する。

同じ金額でも利益より損失のほうが大きく感じる

投資家は負けが込んでくると、ついマーケットを打ち負かしてやりたい、などといった誤った行動をし始めます。

株メンタル: トップ3%投資家の最強ソリューション
『株メンタル:トップ3%投資家の最強ソリューション』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

相場が、あなたにそうさせるのですか。いえいえ、違います。「損失回避性バイアス」によって、あなたが心を制御できずに、そうした行動を誘発してしまうわけです。

損失回避性バイアスは、行動ファイナンスの中で最も有名な理論の1つです。人は損をすることを異常に嫌う、という心理を説明したものです。

損することが好きな人など、この世の中にはほとんどいません。その結果、利益が出ている局面では確実に利益を積み上げていくことを好み、損失が出ている局面ではロスカットを遠ざけたり、逆にナンピンなど大きな賭けに出ようとする傾向が強くなります。

たとえば、順調なうちは堅実に小さく投資をして、着実に利益を積み上げていたとします。しかし、一度大きく損をしてしまうと、その損失を取り戻そうと、普段慎重な人でも信じられないような大胆な行動で一か八かの賭けに出やすくなります。

次ページ「感情」と「利益・損失」の関係
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT