「10万人に1人の希少がん」と闘う女性の生きる力 生きてさえいれば、よいことがたくさんある

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

ですが、幸か不幸か1枚も当たりませんでした。ただ、はずれたことで、Mさんはかえって5年生存率33%の側に行けるような気がしたのだそうです。

とにかくできる限りの治療をしよう、とMさんは決心します。

劇的に効いた新薬。未来はきっと明るい

ご主人と相談しながら取り組んだ最新の治療。なんと、2019年に承認されたばかりの薬が劇的に効いたのです。

2週間くらいで右脇にあった皮膚下の転移がうそのように小さくなったのを実感。最初は副作用による腸炎、網膜剝離もあり、かなりつらかったのですが、休薬しながら続けているうちに、2カ月後には肺転移が38ミリから22ミリになりました。そして、4ヵ月後には、左肺の腫瘍が消失していたのです。

『絶望をどう生きるか』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

医学は日進月歩どころではなく、秒単位で進歩しているのだとMさんは体感しました。そして、「1分でも1秒でも長生きすれば打てる手も増え、きっと未来は明るい」と思えたのです。

そして6カ月経ち、なんと「完全寛解」と告げられたのです。その日のMさんのインスタグラムには、「生きてさえいれば、よいことがたくさんある」と書かれています。

さらに今は、頭皮の再建手術に臨んでいます。これからも人生が続くのであれば、鏡を見たときにがっかりしない自分にもう一度会いたいと思ったのです。

次回:30代で難治がんの教師「子どもたちに伝えたい事」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT