スズキ「スペーシアベース」突如現れた新車の正体 個人向けの商用車というニッチ商品は売れるか

✎ 1〜 ✎ 102 ✎ 103 ✎ 104 ✎ 最新
拡大
縮小
スペーシアベース「XF」
2022年8月26日に発表・発売となった「スペーシアベース」(写真:スズキ)

一見すると「スペーシアギア」のようだが、フロントマスクは「スペーシアカスタム」。さらによく見えれば、クォーターウインドウはリブつきのパネルで埋められている。一体、この車は何なのだろう。

その答えは、「スペーシアベース」。スズキが2022年8月26日に発表・発売した「スペーシア」の派生モデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

その最大の特徴はこの外観……ではなく、なんと4ナンバーの商用車仕様であること。スペーシア派生モデルの噂があったが、このタイミングで商用車だとは不意打ちだ。

リアシートも一応あるが、広さは最小限。形状もベンチそのもので、快適性を重視したものでは決してない。その代わり荷室は広く、コンパクトに格納できるリアシート、そして「マルチボード」との組み合わせにより、多彩な使い方ができるというものだ。

「道具感」を演出した内外装

外観は、前述のとおりスペーシアカスタムのフロントまわりに、スペーシアギアに装着されるルーフレールを装着。クォーターをガラスから樹脂パネルとし、専用デザインのホイール(ハーフキャップ付きアルミ、もしくはスチール)を履く。

フロントグリルやドアミラー、ドアハンドル、ルーフレールなどのエクステリアパーツは、すべてブラックパール仕上げとすることで道具感を演出している。ヘッドライトの中(ハウジング)までブラックとされたことも特徴だ。

スペーシアベースXFのリアまわり
クォーターがパネルとなるだけで雰囲気が大きく異なる(写真:スズキ)

ちなみに、フロントグリルはスペーシアギアからの流用だが、2021年12月に実施された“一部改良の前”のタイプである。旧型品をうまく流用することで差別化を図る、ユニークな手法だといえる。ボディカラーは全5色で、新色「モスグレーメタリック」がイメージカラーだ。

インテリアを見てみよう。インストルメントパネルの形状や機能は既存のスペーシアシリーズと共通だが、パネルカラーをグレーイッシュブルーとすることで、外観と同様に道具感を演出している。この差し色は、ドアポケットやクォーターポケットにも使われ、インテリアを印象づける。

スペーシアベースのインストルメントパネル
オーディオ・ナビは全車オプションでの装着となる(写真:スズキ)

昔のバン仕様の軽自動車を思われる小ぶりなリアシートは、倒したうえで標準装備の樹脂製フルフラットカバーを装着すれば、隙間のないフラットな荷室とすることが可能だ。

また、荷室には3段階の高さでマルチボードを設置することができ、荷物の積載に応じて使い分けができるほか、上段にすればデスクとしての活用も可能。下段にすると、フロントシートを倒したときにフルフラットになり、車中泊にも対応する。そのほか、マルチボードは縦に設置することで、荷室と居室のパーティションとすることもできる。

次ページニッチだからこそ光る独自の魅力
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT