初公開!「相続税の対象者が多い」自治体はどこだ 最新データで判明した、「富裕層はここにいる」

拡大
縮小
相続税の課税割合が最も高かったのは、東京都千代田区で39.4%。被相続人の10人に4人近くが課税されている(写真:JIRI/PIXTA)

富裕層はいったいどこに多く住んでいるのか━━。

日本全国で相続税の課税人数は、年間約12万人いる(2020年)。被相続人(死亡者)が年間約137万人だから、「課税割合」(=課税人数/死亡者数)は8.7%だ。ざっと100人に8人以上が該当している計算になる。

課税割合は2000年には5.0%だったが、その後の少子高齢化に加え、2015年の相続増税(非課税枠の縮小)で一気に対象者が広がり、2020年には8.0%に跳ね上がった。被相続人1人当たりの課税価格は1億3128万円、同じく相続税額は1641万円である。

8月8日に発売された『週刊東洋経済』8月13日-20号では「変わる相続」を特集。最高裁判所で否認されたマンション節税の個別事例、今後の相続税・贈与税の一体化の見込み、相続登記のやり方などについて、幅広く取り上げている。

全国524税務署の相続税のデータを入手

『週刊東洋経済』2022年8/13-8/20号(8月8日月曜発売)では「変わる相続」を特集。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

この課税割合も、つぶさに見ると、地域ごとの違いが見えてくる。全国47都道府県別では、最も高い東京都で17.0%、最も低い秋田県で2.5%。東京都の場合、それだけ相続税を払っている人の割合が高い。

さらに細かく市区町村で見比べることも可能だ。国内には現在、国税庁傘下に、11の国税局(他に沖縄国税事務所)と、524の税務署が存在する。今回、各税務署が公表する相続税の申告実績をすべて入手し、課税割合が高い税務署別に並べてランキング化した。

必ずしも税務署の管轄が市区町村ごとに分けられているわけではないが、おおよそその地域ごとの傾向はわかる。実数のデータは税理士法人最大手の辻・本郷 税理士法人から提供を仰いだ。なお死亡者数は厚生労働省の「人口動態統計」や各都道府県の人口統計年報データを使っている。

次ページ東京都で最も多く課税されたのは何区?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT