話題の新作バスケドラマが壊した大物同士の友情 80年代レイカーズ黄金期を描いた作品で物議

拡大
縮小
『ウイニング・タイム』
ジェリー・バスを演じるジョン・C・ライリー(左)、マジック・ジョンソンを演じるクインシー・アイザイア(真ん中)、ジェリー・ウエストを演じるジェイソン・クラーク(写真:HBO)

HBOの『ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-』が、日本でもU-NEXTで配信開始になった。1980年代のL.A.を舞台に、レイカーズがNBAを変えていく様子を描くコメディドラマで、製作を務めたのは『ドント・ルック・アップ』(2021)のアダム・マッケイ。キャストには、ジョン・C・ライリー、ジェイソン・クラーク、サリー・フィールド、エイドリアン・ブロディなど、豪華な顔ぶれが揃う。

アメリカではいろいろな意味で(そこについては後述する)大きな話題を呼び、第2シーズンにもすぐにゴーサインが出た。

しかし、このドラマは、マッケイに喜びだけでなく悲しみと後悔ももたらしている。今作のキャスティングが理由で、マッケイは、25年来の親友ウィル・フェレルを失ってしまったのだ。

レイカーズの熱狂的なファンであるフェレルは、このドラマの主人公ジェリー・バスを演じたがった。それを知っていつつ、マッケイは、共通の友達であるジョン・C・ライリーに役をあげたのである。ビジネスパートナーとしてのマッケイとフェレルの関係にはそれ以前からヒビが入っていたが、これで友情は完全に崩壊してしまった。

ふたりで大ヒット作を次々と生み出してきた

マッケイとフェレルの出会いは、人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』。フェレルはキャストとして、マッケイはライターとして、同じ時期に採用され、番組の中でふたりは数多くのスケッチコメディを作っていった。そのうち、ふたりは、一緒に映画を作ろうと計画。売り込んだ最初の脚本は却下されたが、次に共同執筆した『俺たちニュースキャスター』(2004)はドリームワークスで製作され、スマッシュヒットとなった。

続く『タラデガ・ナイト オーバルの狼』(2006)には、ライリーも出演。今作は1億6000万ドルの大ヒットとなり、勢いに乗ったマッケイとフェレルは、プロダクション会社ゲリー・サンチェスを立ち上げた。そしてこの会社は、『俺たちステップ・ブラザース –義兄弟-』(2008)、『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(2010)、『パパVS新しいパパ』(2015)など、フェレルが主演するコメディ映画を次々に送り出していくのである。

次ページマッケイは社会派作品も手掛けるように
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT