こんなに大変!ペット介護の知られざる現実

仕事との両立をどうするか?

介護の末にペットが亡くなると、飼い主がペットロスに陥る状況も少なくないと、前述の山口さんは感じている。

「全力を注いで世話をするペットがいなくなり、空虚な気持ちになるのかもしれません。2匹目を早めに迎えたケースでは、ペットロスになりにくい」

実際に、向井さん夫妻も、1年前にニコの弟分となる2匹目の犬サンサクを飼い始めた。「ニコの介護にばかり意識がいってしまうとき、『ボクもかまってよ』とアピールされると、気持ちがなごみます。ライバル心の強いニコは、サンサクが元気に走り回っていると、『私だってまだまだ走れるんだから』とばかりに追いかけたりして。2匹目の存在はリハビリにも一役買っているかも」

介護に疲れた飼い主の心を癒やしてくれるのもまた、ペットの力であるのかもしれない。

【働きながらペットの介護を成功させる5カ条】
●将来介護が必要になるケースがあると、覚悟して飼い始める
●ペットシッターや一時預かりサービスも利用
●会社にいても、スカイプの映像で容体を確認できる
●職場から近い場所への転居や転職も要検討
●介護できなくなった場合は、終生預かりをしてもらえる施設へ

(ライター:臼井京音)

※AERA 2015年2月23日号
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT