高くても惜しくない!猫好きの買い物事情

8万円の全自動トイレまで登場

何とも可愛らしいチンチラ(写真:AH86 / Imasia)

日本のキャットフードといえば1987年の発売以来、味にこだわりのある猫たちに愛されている「モンプチ」ブランド。真っ白でフワフワの毛を持つチンチラが、ガラスの器で優雅に食べるCMは、「猫まんま」や「にぼし」といった従来の猫の食事イメージを覆しました。

猫を飼っていない人にも認知度の高い同ブランドですが、こちらは世界最大の食品メーカー、スイス・ネスレ社のペットケア部門であるネスレピュリナペットケアの商品です。ネスレ社というと「ネスカフェ」などのコーヒーやチョコレートの「キットカット」などのイメージが強いと思いますが、ペットフード部門でも世界的な販売網を持っています。

あのペットフードブランドはどのメーカー?

ネスレ社がペットケア市場に参入したのは1985年。日本では茶トラの猫が描かれた青いパッケージの「フリスキー」ブランドで知られました。その後高級志向の「モンプチ」を投入し大ヒット。今では100種類以上のラインナップを誇ります。2001年、同社は米国の大手ペットケア企業ラルストンピュリナ社と合併し、ネスレピュリナペットケアが誕生。以降、既存の「フリスキー」「モンプチ」に加え、「ピュリナワン」「プロプラン」などのブランドを立て、ペットフード業界をリードしています。

ネスレ社と同じように「スニッカーズ」や「M&Ms」などのチョコレートでメジャーな米国のマース社も「カルカン」や「シーバ」などのキャットフードのメジャーブランドを持っています。菓子売り場で見る「キットカット」対「スニッカーズ」の構図が、ペットフード売り場では「モンプチ」対「シーバ」に……と考えるとちょっと面白い光景です。

食品メーカーとペットフードの関係は日本にも当てはまり、日清製粉グループの日清ペットフードは「懐石」や「キャラット」ブランドを、マルハニチログループのアイシアは「黒缶」「金缶」などのブランドを持っています。

筆者が12月1日配信「出張、旅行のおみやげは現地スーパーで探せ」でも書いたように、筆者は海外の旅先でも地元のスーパーによく立ち寄ります。お土産探しの最中、わが家の猫にと、日本では見たことのないパッケージのキャットフードを見つけてはいろいろ買い込んでいますが、そんな海外のペットフード売り場でも「ネスレピュリナ」や「マース」ブランドの商品は見かけます。リサイクルの観点からか、欧州のウェットフードは缶詰よりもパウチやアルミのトレイタイプが一般的です。

次ページ爪とぎに2万円!消耗品も高級化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT