スタバ、季節先取りの「サクラ」が乱れ咲く

主要各社の春メニューの特徴とは?

まだ寒い日が続きますが、暦の上では春になりました。春といえば「桜」。ソメイヨシノの開花には昨年の秋から開花日までの気温が影響するそうで、今年は早いところで3月20日ごろから、東日本は3月末から4月上旬になるという予想が出ています。

今はまだ寒い日の続く3月上旬でお花見にはだいぶ早いですが、売り場の「桜前線」はすでに日本を縦断。この時期になると、新旧問わず「桜」と名の付く曲がどこへ行っても聞こえてくるように、気付けば売り場もすでに桜が満開です。

季節を“超”先取り、スタバのSAKURA

季節限定の「キャラメリー さくら チョコレート ラテ」
 

特に力を入れていると感じるのがスターバックスコーヒージャパンです。季節限定商品のヒットなどが奏功し、2015年3月期9月中間期は売上高・利益ともに最高益をたたき出した同社。通年でも売上高1377億円(前期比2%増)、2ケタ増の利益を見込んでおり、勢いは止まりません。

今年で14年目を迎える“SAKURA”シリーズは同社の「各国・地域の文化を尊重する」精神に基づき、スターバックス流に日本文化への敬意を表した人気シリーズ。ここ数年で桜フレーバーの代表的なコンテンツになっています。 

今年はバレンタイン翌日の2月15日より、期間限定ドリンクを展開しています。『キャラメリー さくら チョコレート ラテ』は桜風味のホワイトホットチョコレートに、ホイップクリームと桜風味のキャラメルソースをかけ、上には桜の花びらをイメージした薄いピンクのマーブル状チョコをトッピング。いかにも女性が好む色合いです。

『キャラメリー さくら チョコレート フラペチーノ』は、桜とホワイトチョコレートを合わせたフラペチーノに、濃厚で口どけのよい桜キャラメルソースを混ぜ込んだ一品。ピンクと白のマーブルが見た目にも鮮やかです。

どちらの商品も桜柄のカップに注がれ、一足早い春を感じさせます。

次ページ外国人にも人気の“SAKURA”シリーズ。無印では?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。