高くても惜しくない!猫好きの買い物事情

8万円の全自動トイレまで登場

そう、猫は個体により味の好みがはっきりしていて、しかも飽きっぽいところがあります。そのためキャットフードの素材は、まぐろやかつお、サーモン、しらすなどの魚介系から、肉系も鶏、牛、鴨に七面鳥までさまざま。専門店ではあんこうやうさぎを使った逸品もあります。

猫を満足させるこだわりメニューたち

猫は味にもこだわります(写真:Okssi68 / Imasia)

味付けもシチュー仕立てにテリーヌ、貝柱や合鴨をそえたものなど、時折「人よりいい物を食べているんじゃ?」と思うほど、おいしそうな商品名が並びます。ドライフードでは猫がかかりやすい病気のひとつ、尿道結石に配慮したものや、カロリーを控えた年齢別対応などの商品が増えています。

とあるGMSでキャットフードのアイテム数を数えてみると、ドライフード(袋)24品、ドライフード(個別包装の箱物)28品、缶詰48品、パウチ(おやつ・スープ含む)は41品ありました。コンビニでもおやつ類を含めると7~10アイテムほどが店頭に並んでいます。

犬猫問わずペットフードの購入先で最も多いのはホームセンターやディスカウントストア。そこではさらにアイテム数が多くなります。セブン&アイやイオンといった小売業各社もプライベートブランドのキャットフードを開発しており、ドライ・ウェット、おやつ用の数種類を置いています。

わが家の猫。飼い主はどこまでも猫っ可愛がりするものです(筆者撮影)

またペットショップなどから純血種を迎えるオーナーも増えたためか、日本ヒルズ・コルゲート(株)の「サイエンスダイエット」やフランスの「ロイヤルカナン」などの獣医師開発のプレミアムフードも台頭してきています。

わが家も猫が1匹おりますが、ドライから缶詰、パウチ、スープ、おやつを含めると常時、8~10種類はストックし、飽きないようにローテーションしています。これは「おいしく食べてくれるなら」「健康でいてくれるなら」と、つい買い物カゴに入れてしまった結果でもあります。

次ページ世界の食品メーカーはペット分野でも存在感大
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT