勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!

「勉強しなさい!」の連呼よりはるかに効果的

この手帳の目的は、毎日歯を磨くことが当たり前であるように、勉強も“習慣化”させて当たり前にさせることにあります。ですから、日々の予定をこなせば、それが、即、ポイントにつながるということであれば、モチベーションは高まるのです。そして習慣化された勉強は、必ず結果を生み出していきます。

幼稚園で毎日もらったシールと同じ

ポイント化については、ポイントのために勉強するようになっては困るという懸念を持つ方もいるかもしれませんが、私が知るかぎり、これまでそれによるデメリットがあったとは報告されていません。

幼稚園では登園するたびに、シールが1枚もらえて張っていきますよね。初めはシールをもらうために幼稚園にいく子がいるかもしれませんが、毎日通園しているうちに、習慣化され、シールのための通園ではなくなっていきます。これと同じことなのでしょう。

この私が考案した「子ども手帳」の使い方ですが、これまで多くの方に簡単な運用冊子をお渡しし、実行していただいた結果、即日効果があったとの報告を多数受けました。それもあり、今回ご紹介しようと思いました。

ひとりでも多くの子どもが、勉強に前向きに取り組むようになり、また保護者の皆様の笑顔が子どもに向けられるようになってほしいと願っています。そのひとつの手段として、この「子ども手帳」を使ってみてはどうでしょうか。お子さんの心を高め、毎日の勉強の習慣化につながるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT