30歳過ぎた娘にひな人形…微妙な親子関係

独身の子と親の"ほどよい関係"とは

(写真:のびー / Imasia)
年を重ねるごとになんとなく気まずさが出てくる、独身の子とその親。関係性を再構築するための処方箋は?

実家に帰るたび、思うことがある。

運転席に父、助手席に母。後部座席左に33歳の私、右に妹。30年近くも変わらないポジションだ。変わったのは車種とBGMだけ。小学生だった頃には、学校で習った「グリーングリーン」なんかを家族みんなで歌っていたが、今はカーステレオからクラシックが流れる。後部座席に座って、両親の後頭部に増えてきた白髪を眺めながら考える。

“この車の運転手は、いつになったら交代の日が来るんだろう”

仕事で取材に行った帰りに何げなくそんな話をしたら、同じようなことを、同僚の男性カメラマン(27)が言った。

「うちの地元では、『かまどを譲る』っていう言葉があるんですよ。家長が代わることを意味するんですが、昔は長男が嫁をもらったときに、一家の主が交代した。うちは兄弟みんな独身で、家を出ちゃってるから、かまどは譲られてない。食卓での上座もずっと変わらないまま」

帰省するたび、子どもの側も年を重ねていく。いい年した大人だけが家の中に数人いる状態。そして何となく漂う気まずさ。この気まずさの正体は何だろうと考え、ある結論に達する。そうだ、「孫」がいないからだ。

無邪気でかわいい幼子がいれば、きっとここで場が和む会話のひとつでも生まれ、両親にも祖父母としての役割ができる。成人した子と親のぎくしゃくした感覚を中和する存在になってくれるはずなのだ。

「子どものくせに」

面倒を見る相手がいないものだから、親たちはいつまでも子の面倒を見ようとする。

周囲の30代以上の独身たち(同居・別居問わず)に聞いてみると、笑えるようで笑えない、面倒を見たがる親たちのエピソードがわんさか出てきた。

次ページ毛糸のパンツをはきなさい?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT