30歳過ぎた娘にひな人形…微妙な親子関係

独身の子と親の"ほどよい関係"とは

(写真:のびー / Imasia)
年を重ねるごとになんとなく気まずさが出てくる、独身の子とその親。関係性を再構築するための処方箋は?

実家に帰るたび、思うことがある。

運転席に父、助手席に母。後部座席左に33歳の私、右に妹。30年近くも変わらないポジションだ。変わったのは車種とBGMだけ。小学生だった頃には、学校で習った「グリーングリーン」なんかを家族みんなで歌っていたが、今はカーステレオからクラシックが流れる。後部座席に座って、両親の後頭部に増えてきた白髪を眺めながら考える。

“この車の運転手は、いつになったら交代の日が来るんだろう”

仕事で取材に行った帰りに何げなくそんな話をしたら、同じようなことを、同僚の男性カメラマン(27)が言った。

「うちの地元では、『かまどを譲る』っていう言葉があるんですよ。家長が代わることを意味するんですが、昔は長男が嫁をもらったときに、一家の主が交代した。うちは兄弟みんな独身で、家を出ちゃってるから、かまどは譲られてない。食卓での上座もずっと変わらないまま」

帰省するたび、子どもの側も年を重ねていく。いい年した大人だけが家の中に数人いる状態。そして何となく漂う気まずさ。この気まずさの正体は何だろうと考え、ある結論に達する。そうだ、「孫」がいないからだ。

無邪気でかわいい幼子がいれば、きっとここで場が和む会話のひとつでも生まれ、両親にも祖父母としての役割ができる。成人した子と親のぎくしゃくした感覚を中和する存在になってくれるはずなのだ。

「子どものくせに」

面倒を見る相手がいないものだから、親たちはいつまでも子の面倒を見ようとする。

周囲の30代以上の独身たち(同居・別居問わず)に聞いてみると、笑えるようで笑えない、面倒を見たがる親たちのエピソードがわんさか出てきた。

次ページ毛糸のパンツをはきなさい?!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT