崖っぷちOL、涙と吐き気の卒業式

PDCAを超えたDDDDで人生を突っ走れ!

出産後、社会復帰できるのだろうか?

キャリアに空白ができたら、転職することになったときに不利になるのではないだろうか?

けれども、MBAではそんな不安を吹き飛ばすほどの勉強をしてきたはずだし、先輩MBAママたちを見ていると、何とかなるだろうと思えた。それより何より、不安を上書きするほどのつわりが、私の日常をむしばんでいたのである。

妊娠中もバリバリ仕事をこなし……なんていう女性の話があちこちで美談として取り上げられていて、私もそうなれるもんだと思っていたけれど、あれは体質的にそれが可能だったというだけで、どうしようもなく気持ちが悪くなってしまい、仕事を継続できない女性も、その陰に何万人といたのではないか。

そんなことを思いながらソファに横たわり、iPhoneで「つわり いつまで」「つわり きつい」などといった単語を検索する毎日。結局つわりは産むまで続き、後期には切迫早産で入院するというフルコースの妊娠だった。

PDCAを超えたDDDD!

年末に処女作『マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本』が上梓でき、その数週間後に第1子を出産した。マックスマーラどころか、出産前のジーンズも履けず、ジャージにスウェットという田舎のヤンキーみたいな格好で、赤子のうんちの始末で1日が終わる。うっかり紙おむつを洗濯機で回してしまった際の、高分子ポリマーの後処理がここ最近のいちばんの悩みだ。3時間ごとの授乳で、時間感覚も曜日感覚もないまま、気がつけば年を越えた。

妊娠・出産・育児というのは、また新たな試行錯誤の連続であり、どんなキャリアウーマンでも、仕事でのイケイケな過去というのは1回ここでリセットされるな、と、先にママになった主婦の妹に教えを請いながら実感する。

クイックPDCAをくるくる回し、多分回しすぎてPlan やCheckまでする余裕もなくDDDD(Do Do Do Do)になっていると思うが、とにかく日々オペレーションの改善に迫られる。首の座らぬ赤子を1人で風呂に入れるということですら最初は大冒険であり、後工程が楽になるようにあらゆる準備をして挑んだ。

少しずつ慣れてはきたが、それでもまた、日々新たな課題(雨の日にどうやって外出するか、チャイルドシートで寝てしまった赤子をどうやって家まで運ぶか、など)と直面する。しばらくはキャリアのことは頭の中の別の棚にしまい、この惑星にやってきた新しい仲間との生活を堪能するつもりだ。

この子がつかまり立ちを始める頃、仕事への復帰について悩むことも出てくるだろう。でも、あの崖っぷちで来世を思って憂いていた頃とは、何もかもが違う。

2年半の学生生活で得たたくさんの武器と、パートナーとともに、チャレンジを楽しんでいきたい、そう心から思う。

 かんべみのりさんの新刊『マンガ 日本最大のビジネススクールで教えているMBAの超基本』好評発売中!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング