韓国と徹底比較!日本は世界最大級の「お礼大国」 韓国には「お礼を言う人」が極端に少ない?

印刷
A
A
世界最大の「お礼大国」である日本。日本と韓国のお礼文化の違いとは? (写真:Ushico/PIXTA)
個人では仲がいいのに、国同士になるとなぜもめ続けるのか? 韓国で新政権が誕生した今、両国関係はどう変わっていくのか? いったい何を理解すれば、日韓のもめ事が解決するのか? 
これに答えるのが、『最強の働き方』『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、在日コリアン歴40年のムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、世界中で学び働きながらも、物心がついたときから40年にわたり、日韓関係について考えてきた。
日本と韓国、双方の視点や互いの誤解、それぞれの価値観をまとめた新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。――文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』が発売された。著者が「人生を通じて最も書きたかった1冊」だという。
本記事では、そのムーギー氏が「日韓お礼文化の決定的な違い」について解説する。

世界最大級の「お礼大国」である日本

突然だが、日本は世界最大級の「お礼大国」であることをご存じだろうか? GDPではアメリカや中国に大きな差をつけられ、ドイツやインドにも追われているが、GDG(Gross Domestic Gratitude)に関していえば、世界最大級の産出量を誇っている。

『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。――文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

日本に住んでいると「こんなもんか」と当たり前になってしまうが、海外で長らく住んだあとに日本に来ると、会話の節々が「ありがとうございました」だらけなことに気がつく。

お礼を受けることは多くの人の生きがいになっており、多くの人にとって重要な「非金銭的報酬」となっているのだ。

逆に言えば、何かをしてあげたと認識したときに、「お礼の気持ち」を感じられなかったときは、表面上はニコニコしながらも「『ありがとう』がなかった!」と内心怒っている人が極めて多い。

これは、日本人の「承認欲求」が強いことの裏返しだろうか?

次ページ「テレビ番組」でも重要視発言が…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT