農家に聞く「甘いトウモロコシ」を見分けるサイン 入手困難と話題の品種「甘々娘」も食べてみた

印刷
A
A
地元静岡県の直売所では毎日完売するほど大人気のとうもろこし「甘々娘」。なんと糖度が18〜20度という脅威の甘さで、生でも食べられると話題になっています。そんなとうもろこしをわが家も食べてみました!(写真:Domani)
この記事の画像を見る(5枚)

話題のとうもろこし「甘々娘」

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

ようやく夏本番にさしかかってきたこの頃、スーパーにとうもろこしが並ぶようになりました。甘くてみずみずしくて、子どもも大好きなとうもろこし。おやつにお菓子はあまりあげたくないな……という方も、これなら安心して食べさせられるのではないでしょうか。今回紹介するのは話題のとうもろこし「甘々娘(かんかんむすめ)」。山梨や静岡で多く作られている品種のようです。農家の方に聞いた甘いとうもろこしの見分け方も解説します!

話題のとうもろこし「甘々娘」を直売所で発見。わが家も食べてみました!

(写真:Domani)

甘々娘は、その名のとおり糖度が18〜20度という脅威の甘さで有名です。希少価値が高く市場に出回りにくいので「幻のとうもろこし」とも言われるほど。生でも食べられるのですが、わが家では蒸して食べてみました。

次ページその甘さはフルーツ超え…!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT