仮病じゃない!理解されない「気象病」の真犯人 梅雨時は頭痛薬が売れる、「五苓散」も効果あり

拡大
縮小
雨が近づいてくると、頭が痛くなったり、気分が落ち込んだりしませんか?(写真:Ushico/PIXTA)

本格的な梅雨を迎えた。雨が近づいてくると、頭が痛くなったり、重くなったり、関節や古傷が痛んだり、はたまた気分が落ち込んだり……。そんな不調を抱えながら日々過ごしている人は、意外と多いようだ。

これらは「気象病」と呼ばれる。決して仮病ではないが、近年ようやく研究が進みつつある、という状況で、周囲の無理解に苦しむ人も少なくない。

誤解されがちな 「雨で体調不良」

気象病は、気候や天気が原因で起こる体の不調の総称だ。症状によっては「天気痛」とも呼ばれるが、どんな症状がいつ出るか、個人差も非常に大きい。そもそも体調不良と天気との関係に気づかず、気象病の自覚のない人もいる。

国内男女960人へのアンケート調査では、「気象病にかかったことがある」と答えた人が、全体の37.6%に上った。女性が男性の約1.5倍と、性差もあるようだ(「VOICE NOTE MAGAZINE」調べ)。

症状は人それぞれ、私の知る限りでも、

●慢性痛(頭痛、関節痛・リウマチ、神経痛、歯痛など)
●心血管疾患(脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症など)
●血行障害(低血圧、肩こりなど)
●喘息などの呼吸器症状
●うつ病などの精神疾患
●緑内障、めまいやメニエール病などの神経障害
●倦怠感

など、実にさまざまだ。その人の体質や持病がベースにあって、弱い部分に現れたり悪化したりすると感じている。

不調のタイミングとしては、雨やその接近時に、患者さんの訴えがもっとも多い。

次ページ「頭痛薬」の売上と「低気圧」の関係
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT