今が旬!イワシで「オイルサーディン」作るコツ 唯一のポイントは「弱火」、最強の保存食が完成

印刷
A
A

イワシがしっかりひたるくらいまで、オイルを入れたら着火。

このときはオリーブオイルとサラダ油をブレンドを使用しましたが、サラダ油だけでもOKです(写真:吉澤健太)

ポイントは弱火をキープ

これが本日唯一のポイントなんですが、火は弱火です。

強火にするとオイルの温度が上がりすぎて、イワシがフライになってしまいます(写真:吉澤健太)

オイルがくつくつ、ふつふつと沸いてくるくらいの温度(90℃)で20分ほど煮ましょう。

途中でアクが出たらすくってください(写真:吉澤健太)

ガスコンロの温度設定ですと低温(160℃)、中温(180℃)、高温(200℃)などと書かれているのが一般的。「どうやって90℃に?」と思いますが、まずは弱火をキープしていれば問題ありません。

次ページオイルまで活用できるオイルサーディンの完成!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT