今が旬!イワシで「オイルサーディン」作るコツ 唯一のポイントは「弱火」、最強の保存食が完成

印刷
A
A

塩水にひたし、冷蔵庫で1時間ほど漬けたら、キッチンペーパー等で余分な水分をしっかり拭き取って、イワシの下準備は完了!

水分はお腹の中までよ~く拭いてください(写真:吉澤健太)
ピカピカのイワシ、おいしそう!(写真:吉澤健太)

油でじっくり煮る

さあ、いよいよイワシを「オイルサーディン」にしていきます。要は、フランス料理で言うところのコンフィ(油でじっくり煮る)という調理法です。

鍋にイワシを並べます。アタマとシッポを交互にするとすっきり収まるはず(写真:吉澤健太)

深めの鍋にイワシをきれいに並べ、ニンニク(薄切り)、ローズマリー、タイム、唐辛子、ローリエを加えたら、オリーブオイルをドボドボ……。

ハーブはお好きなものをどうぞ。ニンニク、唐辛子、タイムはあったほうが美味かと(写真:吉澤健太)
次ページ美味しく煮る火加減
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT