今が旬!イワシで「オイルサーディン」作るコツ 唯一のポイントは「弱火」、最強の保存食が完成

印刷
A
A

まずはイワシの下処理から。うろこが残っていないかチェックしてから(スーパーなどで販売されているイワシにはほとんどついていません)、頭と内臓を落とし、流水でよく洗い流します。

臭みを抜き、まろやかな塩味がつく「立て塩」

ボウルに分量の水と塩を加え、よく混ぜて10%の塩水を作っておきます。

海水の塩分濃度が約3.4%ですので、10%濃度の塩水はかなりしょっぱめ(写真:吉澤健太)

「塩水に魚をつけておくことを『立て塩』といいます」と野本さん。魚の臭みを抜くために塩を振るのは一般的ですが、どうしてもムラができてしまいがち。塩水につけることでまんべんなく、かつまろやかな塩味がつくのだそうです。

冷蔵庫で1時間ほど漬けておきましょう(写真:吉澤健太)
次ページ煮る際の油の分量やハーブ、スパイスはどれくらい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT