今が旬!イワシで「オイルサーディン」作るコツ 唯一のポイントは「弱火」、最強の保存食が完成

印刷
A
A
次なるステップは保存食。今が旬のイワシの「オイルサーディン」を作ろう(写真:吉澤健太)
この記事の画像を見る(20枚)
本記事はLEON.JPの提供記事です

本連載では料理初心者でも作れる「王道からあげ」「王道チャーハン」など、ベーシックで簡単、かつ美味しいレシピをご紹介してまいりました。「そろそろ次のステップへ進んでみますか?」と野本やすゆきさん。つまり、作ってすぐ食べて美味しい料理から、保存しておき、さまざまな料理へ展開を楽しむ「保存食」へのネクストステップです。

「オイルサーディン」を作ってみよう!

(写真:吉澤健太)

「今が旬のイワシは、足が早いのが難ですが、保存食にしておけば冷蔵庫で1週間程度保存OK。パスタやサラダ、サンドイッチなどいろいろに使えて便利。もちろんそのまま食べてワインのお供にしても」と野本さんがおすすめするのはオイルサーディン。そう、あの缶詰に入っているアレです。

缶詰入りオイルサーディンは小さなカタクチイワシを使っていますが、鮮魚店やスーパーでなかなか手に入らないので、今回は一般的なマイワシ(真鰯)を使用しました。

材料(作りやすい量)
イワシ       6~8尾
A水        1リットル
A塩        100g
オリーブオイル   200ml
サラダ油       200ml
ニンニク(輪切り) 2かけ分
鷹の爪(種をとる) 2本
黒胡椒       10粒
ローリエ      1枚
タイム       4〜5本
ローズマリー    1〜2本
次ページイワシの下処理をしよう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT