Evernoteをノート替わりに使いこなす方法

佐々木正悟氏、新刊を語る

スマホ時代の必須アプリとしてすっかり定着した「Evernote」。日常生活のちょっとしたメモ取りや気に入ったWebサイトのキャプチャーとして、活用している人は多いことだろう。今回はそのEvernoteを仕事の道具として、紙のノート替わりに使うノウハウを新刊『Evernote仕事術』(小社刊)にまとめた、佐々木正悟氏に、話をうかがった。

そもそもEvernoteは仕事に使えるのか。

――この本を書こうと思ったきっかけは何でしょうか。

心理学ジャーナリスト。1997年獨協大学卒業後、ドコモサービス勤務を経て、2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。05年に帰国。著書に『スピードハックス』(日本実業出版社)など。ブログ「ライフハック心理学」主宰。

すでにEvernote本はかなり出てきていますが、この本を書こうとしたのは、「仕事術に特化したEvernoteの本は実は極めて少ない」と担当の編集さんから指摘をうけ、「そう言えばそうかも」と思ったからでした。

 そこで、はたと思ったのですが、「だいたいEvernoteって仕事で使えるのか?」といわれる可能性は十分にあるわけです。私自身はすでに仕事で使いこなしていたので、こういう疑問にはたどり着きにくかったのですが、まずは「仕事で現に使っている実例」を多数用意したいと思いました。

 ――佐々木さんは数多くのEvernoteについての記事を書いてこられたと思いますが、今回の本はどこがとくに「売り」になっていますか。

 第1章がEvernote使いの達人たちの実例集になっているところです。実例集から始まっているのは、Evernoteを仕事で活用している人たちがいるという事実が、先の「仕事で使えるか?」への解答として一番ダイレクトだと思ったからです。

次ページ最初はまず日誌として使ってみる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?