LINEだけじゃない!踊る「チャットアプリ」

「つながり過ぎない」のが心地いい

米国の「BFF」という10名のチームは、個人なメッセージ、画像、動画を写真共有サービスやメッセージングアプリに投稿することを専門としている (写真:Joshua Bright for The New York Times)

ニュース・娯楽サイトのバズフィードのあるチームが、昔のドウェイン・ジョンソンの写真を見つけたとき、彼らは金鉱を掘り当てたと思った。ドウェイン・ジョンソンは「ザ・ロック」のリングネームで知られる筋骨隆々のレスラーで、俳優でもある。その彼が写真ではウエストポーチを付け、時代遅れのブルージーンズを履いていたのだ。

同チームは注目を集めようと、写真の背景をクリスマスツリーに変え「ロッキン・アラウンド・ザ・クリスマスツリー」の文字を大きく入れた。そして、彼らはこの写真をバズフィードのサイトではなく、写真共有サービスの「インスタグラム」に掲載したのである。

"ダサカワ"写真に39万人が「いいね!」

すると、この写真は独り歩きし始めた。ジョンソン自身がすぐにこのジョークに反応し、自分の「インスタグラム」のアカウントに写真を転載。39万人近くが「いいね!」を押し、掲示板サイトのレディットではトップのトピックとなった。

これを行ったバズフィードのチームは「BFF」という10名のチームで、画像や動画を写真アプリやメッセージングアプリに投稿することを専門としている。編集長のサマー・アン・バートンは「私たちが焚きつけたのではなく、自社のホームページにも掲載しなかった。ただ『インスタグラム』に載せたら、あちこちに拡散された」と話す。

バズフィードの戦術から見えてくるのは、「インスタグラム」や「微信(ウィーチャット)」、「スナップチャット」といったメッセージングアプリが、将来どのように使われるかということだ。なお、これらのアプリは友人の間でメッセージや画像を共有するもので、すでに何百万人もが利用している。

次ページメッセージアプリの潜在力とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT