ジョニー・デップ、「魔の女」に人生破壊されるまで 勝訴でジャック・スパロウ役を取り戻せるか

印刷
A
A

デップが最後にジャック・スパロウを演じたのは、ハードと結婚してまもない2015年のことだ。オーストラリアでのロケ中、ハードがウォッカのボトルを投げつけてきたせいで、デップは指先を切断する大怪我をしている。『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)に出てくるデップの手は、大きな包帯を隠すべくCG処理がなされたものだ。

そもそもデップが『パイレーツ』に出ようと思ったのには、1999年に長女リリー=ローズが生まれたことが大きい。娘と一緒にアニメーションばかり見ていた彼は、『パイレーツ』の脚本を読んで、ジャック・スパロウを漫画のようなキャラクターにできるのではないかと考えたのだ。

脚本にあるジャック・スパロウは典型的なヒーローだったが、デップは漫画的なものや彼の敬愛するキース・リチャーズの要素を入れ、まるで違うものにしてみせた。デップにとって、ジャック・スパロウは、特別な思い入れのあるキャラクター。記者会見でも毎回、「ジャック・スパロウを一生演じていきたい」と語っていた。

裁判で失われた名誉と役を取り戻せるか

なのに今、彼はそれを奪われてしまったのだ。デップのマネージャーは、シリーズ6作目のデップの出演料は2250万ドルと決まっていたと証言している。つまり、スタジオは、デップでシリーズを続けるつもりだったのだ。それが一転して彼を出さないとなったのは、ハードが自分に着せた汚名のせいだとデップは確信する。

やはりDV疑惑が原因で失った『ファンタスティック・ビースト』のゲラート・グリンデルバルド役は、すでにマッツ・ミケルセンにわたってしまった。映画はすでに公開もされている。

だが、『パイレーツ』シリーズ6作目の企画は準備段階で、キャスティングも発表されていない。デップがこの裁判で真実を証明し、人々と業界を信じさせることができたら、果たしてどうなるのだろう。裁判は今月27日まで続く。これから出てくる証言や証拠は、デップのジャック・スパロウを連れ戻すことになるだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT