ジョニー・デップ、「魔の女」に人生破壊されるまで 勝訴でジャック・スパロウ役を取り戻せるか

印刷
A
A

この映画の後、彼の家にはジャック・スパロウの衣装を来たファンがやってきたり、門を乗り越えて敷地内に入ろうとしてきたりするようになった。その前の年、パートナーのヴァネッサ・パラディとの間に下の子ジャックが生まれ、ふたりの子供の父親になっていたデップは、家族の安全を守るべく、ボディガードの数を大幅に増やした。

それでも、レストランに行くと誰かがパパラッチに通報して帰る時には30人ものカメラマンが待ち構えていたりするため、ろくに外出もできない。「かつて僕はただの『ジョニー』だったのに、『ジョニー・デップ』になってしまった。僕はまだその名前を口にするのは抵抗がある。商品みたいで」と、デップは語っている。

だが、人々と業界は「ジョニー・デップ」を愛し続け、その後彼は『ネバーランド』(2004)、『チャーリーとチョコレート工場』(2005)、『パブリック・エネミーズ』(2009)、『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)など幅広い作品に主演していく。

ハードとの出会いは約10年前

そして、彼が主演とプロデューサーを兼任する2011年の『ラム・ダイアリー』で、ハードに出会うのである。

撮影中からふたりはお互いに惹かれたが、交際が始まったのは映画の公開に合わせたプロモーション活動がきっかけだ。その頃までに、ハードは同性のパートナーと別れ、デップもパラディとの関係がこじれていた(フランス人のパラディが、ロサンゼルスにいるせいで思うようなキャリアを築けないことに不満を募らせたことが原因のようだ)。

表向きにはパラディと平和な関係にあると装っていたため、デップとハードはお家デートで愛を深めていく。しかし、純粋に楽しかったのは最初の1年半ほど。その後は諍いが絶えなくなったにもかかわらず、ふたりは結婚した。

デップがハードに離婚を切り出すのは、それからわずか1年後。その直後、デップがバンド活動のためにロサンゼルスを離れると、ハードが離婚を申請し、接近禁止命令を出した。

次ページ喧嘩で指先切断の大ケガ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT