日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は、来年2012年に日中国交正常化40周年を迎えるにあたり、日中関係の改善に向け、中国問題に関する有識者との意見交換会を行った。意見交換会で菅首相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で冷却している日中関係の改善に向けて、強い意向を示した。
 そんな中、日本は中国とどうかかわっていくべきかを尋ねたところ、「もっと関係を深める」「現状より距離を置いたほうがよい」がほぼ同じになった。日中間の距離の取り方について、意見は大きく分かれる。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。