日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は、来年2012年に日中国交正常化40周年を迎えるにあたり、日中関係の改善に向け、中国問題に関する有識者との意見交換会を行った。意見交換会で菅首相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で冷却している日中関係の改善に向けて、強い意向を示した。
 そんな中、日本は中国とどうかかわっていくべきかを尋ねたところ、「もっと関係を深める」「現状より距離を置いたほうがよい」がほぼ同じになった。日中間の距離の取り方について、意見は大きく分かれる。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。