日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

日本は中国とどうかかわっていくべきだと考えますか?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は、来年2012年に日中国交正常化40周年を迎えるにあたり、日中関係の改善に向け、中国問題に関する有識者との意見交換会を行った。意見交換会で菅首相は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で冷却している日中関係の改善に向けて、強い意向を示した。
 そんな中、日本は中国とどうかかわっていくべきかを尋ねたところ、「もっと関係を深める」「現状より距離を置いたほうがよい」がほぼ同じになった。日中間の距離の取り方について、意見は大きく分かれる。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間::2011年1月7~9日
※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる。
【調査協力】 マクロミル

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。