新型ノア&ヴォクシー、買うならどのグレード? トヨタの人気ミニバン、オプション選びが重要

印刷
A
A

また「G」系ではナノイーX、ハンズフリーデュアルパワースライドドア、パワーバックドア、ステアリングヒーター、2列目キャプテンシートにシートヒーター、オットマンなどがセットでプラスされる「快適利便パッケージ(High)」(12万6500円~15万1800円)、「X」系ではナノイーX、ハンズフリーデュアルパワースライドドア、左右独立温度コントロールフロントオートエアコン+リアオートエアコン、フロントシートヒーター、独立型センターコンソールボックスなどがセットでプラスされる「快適利便パッケージ(Mid)」(17万2700円~17万8200円)が用意されており、こちらは名前のとおり快適性と利便性を大きく上げてくれるものだけに、できれば選択したいところ。

そのほかでは10.5インチと大画面となるディスプレイオーディオ(標準は8インチ、Xグレードは非装着)も選びたいところだが、価格が17万6000円~30万2500円と高額となるため悩ましい。

オプション選びの見極めが重要なモデル

このように新型ノア&ヴォクシーは、スタート価格こそ比較的安価で標準装備も充実しているものの、さらに上を目指してオプションを選んでいくとそれなりの価格になってしまうという設定となっている。

そのため、安価に抑ええたいのであれば、エントリーグレードにオプション設定なしというシンプルなチョイスでもそこまで不満が出ることはないだろう。一方、最新技術をフルに体感したいというのであれば、上級グレードにオプションを盛りだくさんというのも選択肢のひとつ。どこまでの装備が必要なのかを見極めるのが大切と言えそうだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT