私は生まれなおしている 日記とノート 1947−1963 スーザン・ソンタグ著 デイヴィッド・リーフ編/木幡和枝訳~知性と行動の人の極私的世界

私は生まれなおしている 日記とノート 1947−1963 スーザン・ソンタグ著 デイヴィッド・リーフ編/木幡和枝訳~知性と行動の人の極私的世界

評者 歳川隆雄 『インサイドライン』編集長

 20世紀アメリカの知性と良心を代表する小説家、批評家、人権運動家、正義の使徒の形成期が赤裸々に綴られた14歳から30歳までの日記である。

ランダムに、極私的世界のある日をのぞいてみる。「オーガズムはあらゆるサイズでやってくる:大、中、小……より深く感じるのはされる側……『純粋にオトコ体質』の男役(ダイク)は相手にぜったい自分を触らせない」。堂々たる知性と行動の人、26歳の記述である。パリ、レズビアンの共生相手と葛藤のさなかだった。

同日同じページの記述には、ローマ帝国の軍隊の単位の情報に続いて「私は、傷でもあり小刀(ナイフ)でもある! 犠牲(いけにえ)でもあり、刑吏でもある!」(ボードレール)、「充溢(じゅういつ)は美である」(ブレイク)のメモ書きがある。アクセス可能なあらゆる文学、哲学、宗教、革命、巷の情報がメモされ、早熟な著者のエロスと頭脳が共鳴している。

英才教育制度で16歳からカリフォルニア大学、シカゴ大学、ハーバード大学、英オックスフォード大学をなで切りにし、その間に結婚、出産、離婚。そしてパリのボヘミアン社会に飛び込む。

この日記が終わる1963年、ソンタグは作家としてデビュー、『反解釈』『ラディカルな意志のスタイル』などの過激な評論集で一世を風靡する。晩年、9・11直後のブッシュ大統領への痛烈な批判で保守派の標的にされながら、ノーベル文学賞候補ともなったが、その旺盛な執筆活動は生涯で三度目のガンのため2004年末に終わった。

本書の表題「私は生まれなおしている」は、自由意志で生きる己への宣言(マニフェスト)であると同時に、切羽詰まりながらも愚鈍な日常感覚に埋没している憂き世のわれわれに対する、泉下のソンタグからの檄文であると
も読める。

Susan Sontag
1933~2004年。20世紀アメリカを代表する批評家・作家の1人。著書に『反解釈』『ラディカルな意志のスタイル』『写真論』『隠喩としての病い エイズとその隠喩』『土星の徴しの下に』など。

河出書房新社 3360円 415ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。