ECBの利上げが招くユーロ「140円台」到来はいつか 「ラガルド流」で利上げは7月、9月のどちらか

印刷
A
A
ECBの利上げ観測が市場で強まっているが、FRBとは置かれている経済環境が異なる(写真:Bloomberg)

特集「円安事変」の他の記事を読む

猛烈な円安相場の陰に隠れているが、過去1カ月でECB(欧州中央銀行)の早期利上げ期待がにわかに盛り上がっており、筆者への照会も増えている。3月以降、ユーロ相場は対ドルで軟調だが、対円では堅調を維持している。以下、利上げ観測を検討したい。

すでに短期金融市場では7月の利上げ着手と、続く9月の利上げが見込まれている。しかも、1回の利上げ幅は0.25%、3カ月で0.5%の引き上げ予想である。

預金ファシリティ金利は2014年6月のマイナス金利導入以降、約7年かかってマイナス0.50%まで引き下げられてきたわけだが、市場の織り込みが正しければ3カ月でマイナス金利が解除される。市場期待はさらに進んで、2023年末には1.50%まで織り込んでいる。

はたしてそうしたFRB(連邦準備制度理事会)のような急旋回が可能なのか。

「7月利上げ説」で総裁と副総裁は言質を与えず

市場の織り込みに根拠のないわけではない。4月21日、デギンドスECB副総の発言として、6月会合では7月利上げへの道筋が開かれるといった趣旨が報じられた。現在公表されているガイダンスに従えば、7月利上げは理屈上、確かに不可能ではない。

現在、ECBは7~9月期中の拡大資産購入プログラム(APP)の終了を既定路線としつつ、この間のどこで終了するのかは明示していない。

一方、利上げ着手はAPPが終わって「しばらくしてから(some time after)」とされている。この「しばらく」はラガルドECB総裁によれば「1週間から数カ月の間(anywhere between a week to several months)」であり、何も言質は与えられていない。つまり、「7月中にAPPを終了して、その後7月中にも利上げをする」という政策運営はガイダンスと矛盾するものではない。

しかし、それはラガルド総裁がAPPと利上げを別次元の政策決定として強調してきた経緯とあまりにも異なり、やや屁理屈に近いという印象もある。ECBの正常化プロセスはあくまで漸進主義(gradualism)と言ってきた経緯もある。「APP終了→利上げ」の時間的順序は守られるからといって、7月に両方とも押し切ろうとするのはいかにも駆け込み的である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
円安事変
円安の加速でも「為替介入」が困難な根本理由
JPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏に聞く
実は「50年ぶりの円安」を理解するためのポイント
円安影響を8つのポイントに絞りQ&A形式で解説
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
「36期連続増収増益」へ円安や特需一巡が打撃に
日本の「円安メリット」はもはや過去のものだ
「ミスター円」こと榊原英資・元財務官に聞く
円安が自動車部品会社に加える「トドメの一撃」
猛烈な原材料高を製品価格に転嫁させられるか
126円突破の背景は「ドル高」ではなく「円安」だ
この円安阻止に日本政府には何ができるのか
円安急襲の外食チェーン、明暗分ける「意外な差」
サイゼリヤは海外へのソースなどの輸出も視野
「本当に怖い円安」は家計の海外資金逃避で起きる
「円売り」が企業から個人にも広がれば大規模に
原油高と円安で日本の“赤字化"は不可避なのか
第一生命経済研究所の星野氏に見通しを聞く
インフレでも「財政」がよくならない不都合な真実
超低金利政策と財政出動で円安が進む悪循環
「円の独歩安」が続くといえる一目瞭然の分析
内需の低迷、資源高、通貨安に苦しむ日本経済
円安加速、日本銀行は「行くも地獄退くも地獄」
東短リサーチの加藤出社長に聞く「黒田リスク」
ECBの利上げが招くユーロ「140円台」到来はいつか
「ラガルド流」で利上げは7月、9月のどちらか
「中央銀行の債務超過」と「通貨安」は直結するのか
「中銀の財務健全性」は結果、問題は政府債務
「過剰な円安」で迫られるアベノミクスの後始末
「貧しい日本」という国難が現実化しつつある
岸田政権「資産所得の倍増計画」は何がダメなのか
英国の講演で日本の個人金融資産をアピール
「円安の行方」を占うアメリカの重要な経済指標
短期的にはドル高円安圧力が続く可能性が強い
中国「ゼロコロナ政策」の固執が招いた供給不安
日本の産業政策を再考すべき時が来ている
岸田首相はインバウンドの「全面解禁」を急げ
脱コロナの好機、円安抑止と景気浮揚に効果大
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内