37歳「元サヤ婚」に見る、大人の恋愛作法

切れかけた「赤い糸」はこうしてつながった!

新婚なのに浮かれた様子をあまり出さない周平さんだが、「一緒にいて楽」「気をつかわないで済む」というのは、彼にとっては最大限の褒め言葉なのだと思う。

洋子さんと2人で過ごせる休日は、自分だけの趣味である釣りやスポーツ観戦は控えめにして、映画やテレビを一緒に楽しんでいるという。同じ銀行に勤めていることもいい方向に働いているようだ。

「間違いがあるとすべて数字に表れる仕事なので、ストレスは多いですよ。大声で怒鳴ったりするお客さんもいますしね。我慢強い人でなければ続きません。

地元では優良企業とされていますが、男性でも最初の3年で3割は辞めてしまいます。愚痴ってストレス解消をすることが必要です。仕事の話がわかる結婚相手でよかったと思います」

子どもに関しては「できたらいいね」とは話しているが、面倒くさがりの洋子さんは基礎体温をつけるなどの「妊活」はしていない。周平さんも強い希望はなさそうだ。

周平さんも洋子さんも銀行員としてはきっと優秀なのだろう。マイペースな性質を抑制し、気を張り詰めて働いているはずだ。それだけに私生活では自然体で過ごしたい。ひとりきりでいるよりも安心し、リラックスできる相手は誰なのか。素直な気持ちで周囲を見渡してみれば、過去にかかわったことのある異性の姿が見えるのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング