37歳「元サヤ婚」に見る、大人の恋愛作法

切れかけた「赤い糸」はこうしてつながった!

同じ銀行で働き続けているという共通点に加えて、誕生日メールの交換という細いつながりが続いていた2人。やがて再会の時がやって来る。きっかけは洋子さんからのぎこちないアプローチだった。周平さんは36歳になっていた。

「僕たちは2人ともサザンオールスターズのファンなのですが、友人を誘っていたコンサートのチケットが余ったから一緒に行かないか、との連絡が来ました。僕もそのときは付き合っている女性がいなかったので別にいいかな、と。それからは月に1度ぐらいのペースで映画などを一緒に見に行くようになりました」

半年後、洋子さんのほうから「相手がいなければどうですか」と告白をされた。周平さんは6年ぶりによりを戻すことを決め、1年半後には結婚する。

30代になって、わかることもある

おめでたい話だが、周平さんと同じように女性に振り回される傾向がある僕としては少し意地悪な質問をしたくなる。かつて明確な理由を言わずに去った元恋人を許して結ばれる気持ちになぜなれたのか。嫌味のひとつでも言ってやったのだろうか。

「振られたときはちょっと悔しかったですよ。最初の1年ぐらいは誕生日メールも送っていなかったと思います。でも、5年も経つと当初の悔しさは忘れてしまいます。ほかに好きな人もいないから別にいいかな、と。ただし、同じことは繰り返したくないので、1年ぐらいは慎重に様子を見ましたね。以前の彼女は頑固で気分屋だったのですが、再会してからはだいぶカドが取れたな、と感じました」

1年間は許せないけれど5年経つと怒りや悔しさを忘れて懐かしくなる、というのはリアルな実感だろう。ただし、その期間にほかの異性と出会って付き合ったりすることが必要だと僕は思う。

比較をして「やっぱりあの人がいちばんだ」と気づくためではない。モテ願望と冒険心をある程度は満たし、その過程で自分の美点や欠点、生活観、家族観などを肌感覚で知るためには、何人かの異性の助けがいるのだ。

「確かに、最初に付き合ったときにそのまま結婚していたら、きっとうまくいっていなかったと思います。そもそも向こうには結婚願望がありませんでしたからね。30代後半になって、弟や後輩も結婚していき、ようやく焦るようになったみたいです。

今の生活には安心感があるようですね。僕のほうも価値観が一緒の相手と過ごすのは楽です。向こうは相変わらず気分屋のところがありますが、一晩寝るとケロッとしています。機嫌が悪いときは放っておけばいいのだとわかりました」

次ページ心からリラックスできる結婚
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。