37歳「元サヤ婚」に見る、大人の恋愛作法

切れかけた「赤い糸」はこうしてつながった!

周平さんは乾いた笑い声を立てながら当時を振り返る。そもそも洋子さんを好きになった理由を聞いても、「明るい性格に引かれた」としか教えてくれない。想像だが、洋子さんは明朗で活発だけど、一筋縄ではいかない性質の美女なのだろう。

別れて6年間、年1回のメールがつないだ縁

別れてから5~6年間は「プラプラしていた」という周平さん。具体的には、独身の同僚たちと幹事持ち回りで合コンをセッティングして、さまざまな女性と出会いまくる日々だ。そのうち2人とは付き合ったが、しばらくすると周平さんのほうから別れを切り出したという。

「決定的な理由はありません。僕はひとつでも合わないところがあると、気になってのめり込めなくなります。たとえば、食事はおろそかにしたくない。ランチをファストフードで済ませて平気な女性は嫌ですね」

洋子さんの性格を頑固だと評する周平さんだが、彼自身もかなりこだわりの強い人物なのだと感じる。こだわりを他人に押し付けることはしないが、自分を押し殺して所帯を持つこともしない。生涯独身で飄々(ひょうひょう)と過ごしてもおかしくない男性である。

しかし、周平さんには切れそうで切れない赤い糸があった。6年前に別れたはずの洋子さんだ。彼女の連絡先は消しておらず、年に1、2回はメールを送り合っていた。

「お互いの誕生日のときに、おめでとうメールを送る程度です。何をしているのか、恋人がいるのか、などはまったく知りませんでした。あの6年間のことは今でも聞きませんし、聞かれもしません」

憎み合って別れたのではないのだから、誕生日ぐらいは祝いの言葉を捧げる。今、どんな状況にあるのかはあえて聞かない。再会して結婚しても過去の詮索はしない――。まさに晩婚さんならではの大人の恋愛作法だ。

次ページ振られた相手と元サヤ、悔しくはないのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング