テレ東「朗希の試合」急きょ中継できた納得の理由 箱根駅伝を初めて中継したテレ東のスポーツ史

印刷
A
A

また、1970年代にブームを起こしたローラーゲームも、同様に東京12チャンネルが発掘したスポーツだった。

ローラーゲームは、アメリカ生まれのスポーツ。男女5人ずつの混成チームが対戦する。楕円形のリンクを対戦する2チームがローラースケートで周回し、先行する守備側の相手チームを攻撃側の選手が追い抜けば、その人数分が得点になる。

その攻防はボディコンタクトあり。守備側のタックルや肘打ちを攻撃側の選手がいかにかわし、すりぬけるかが見どころで、互いにエキサイトすると両チーム入り乱れての乱闘になることもあった。

ここでも白石剛達が後押しするかたちで、日本人チーム「東京ボンバーズ」が結成されると、日米対抗の図式で一気に盛り上がった。テレビ中継も人気を博し、ピーク時には日本武道館で試合が開催されたほどである。東京ボンバーズから、佐々木ヨーコというアイドル的スターも生まれた。

「スポーツのテレ東」を支えたニッチ狙いの精神

テレビ東京(東京12チャンネル)の開局は、1964年のこと。現在ある民放キー局のなかでは最後発で、しかも科学教育専門局としてのスタートだった。そうしたこともあって全国ネットワークの整備も遅れ、ローカル局の状態が1980年代まで続いた。

生放送の魅力が味わえるスポーツ中継は、テレビの本放送が始まった1950年代から人気で、それゆえ各テレビ局がしのぎを削ってきた。そのなかでテレビ東京は、いまふれたような事情で、自分たちのポジションを確保するのにとても苦労した。

だがだからこそ、海外サッカー、箱根駅伝、さらに女子プロレスやローラーゲームの例をみても、テレ東の最大の特徴であるニッチ狙いの精神が、スポーツの分野でも活路を開いてきたのがよくわかるだろう。

その歴史は、必ずしも順風満帆ではなく、試行錯誤の連続だった。しかし、今回の千葉ロッテ戦の生中継実現が、そうしたテレ東の苦闘の歴史があっての成果だと考えると、やはり感慨深い。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT