福岡のヒーロー番組「ドゲンジャーズ」成功の裏側 「企業ヒーロー」設定でビジネス面でも注目の的に

印刷
A
A

その象徴となるのが、番組内で流れるテレビCMだ。既に始まった新シーズン「ドゲンジャーズ~ハイスクール~」では、9社とのタイアップCMを作成。CMに切り替わっても、劇中に出演するヒーローが本編から引き続き登場し続けるという仕掛けが仕込まれている。

エムマーケットエージェンシーの下青木秀輝社長。今年社長に就任した (筆者撮影)

CM作品は、「ドゲンジャーズ」の世界観に合わせたコラボ企画を営業サイドから打ち出している。その際に決まった型はなく、それぞれの企業のスタイルに合わせてカスタマイズする「提案型」を主としている。

「これまでキャラクターを使ったPRは多数あったが、そことどう差別化するか。これは営業のアイデア次第、企画次第となる。だから我々には『ドゲンジャーズとは何か』といった基本的な情報以外のタイアップ資料がない。むしろ『資料を一緒に作るために今日は来ました』ということもしばしばある。これは手間暇かかって大変だが、そういう部分が企業と作品の一体感につながってくる」(下青木社長)

シーズン3はYouTubeで同時配信

今年の4月10日からはじまった第3シーズンでは、女子高生を主人公にした学園ドラマにシフトチェンジしている。物語としても新たな展開を見せているが、今回はテレビ放送と同時刻にYouTubeでも同時配信されている。

悪の秘密結社の笹井浩生社長。劇中のシャベリーマンとしても活躍。悪の秘密結社は2016年設立の株式会社で、“悪役専門”として自社キャラクターを起用したヒーローショーなどを展開 (筆者撮影)

「通常は視聴率の食い合いになるので、地上波とWEBの同時配信は慣例上絶対NGなのですが、KBCさんの全面協力があり、実施することができた。今はタッチポイントを増やしていかないといけない時代。視聴者が選ぶチャンネルが増えている今、この手法がスタンダードになるのも近いのではないか」(笹井氏)

今後の展望として「ドゲンジャーズは今年で3作目、継続することで“作品の信用”を勝ち得、ゆくゆくは日本の文化の1つにしていきたい」と意気込む笹井氏。九州発のヒーローが今後、どのような展開を見せるのか、注目したい。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT