マンション買い替え「売却or購入」優先したい一手 大規模修繕前と後ではどちらがお得になる?

印刷
A
A

しかし、住みながらの売却は、空き部屋より売りにくく、次に住むところの心配もある。ただ余程の人気物件でもない限りすぐ売れるケースは少ないので、売却活動をしつつ、次の物件の候補を探しておくとよいだろう。資金繰りからすると、売却できるまでは新居の契約は現実的ではないが、売却の目処が立ち次第、すぐに購入を決断できるよう候補物件を絞り込んでおけば、売るタイミングと買うタイミングをあわせられる可能性がある。タイミングがあわせられれば、仮住まいなどの費用を抑えられる。

一方で新居が決まる前にマンションが売れてしまった場合、引き渡し時期に余裕がなければ、新居が決まるまでの間は賃貸などで仮住まいをしなくてはいけない。そのための賃貸物件探しや2度の引っ越し費用など、手間や費用がかかる。

「買い先行」は資金繰りに余裕がある人に

次に、新居の購入契約を締結してから、いまのマンションを売りに出す「買い先行」は、いまのマンションの住宅ローンが完済済みの人や、新居を退職金などの自己資金で買う予定など、資金計画に余裕がある人に向いている。

新居が建築中など引き渡しまでに時間がある場合や、新居で新たに住宅ローンを組もうと思っているなど、買い先行のほうが良い場合もある。また、いまのマンションが人気物件ですぐ売却できそうなら、新居が決まり次第すぐに売却が可能なため、買い先行もありだ。

60歳からのマンション学 (講談社+α新書)
『60歳からのマンション学 (講談社+α新書)』(講談社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

買い先行は、焦らず納得するまで新居を探すことができ、欲しい物件が売りに出た際もタイミングを逃さず購入できる。仮住まいに移る必要もないので、引っ越しも1回で済む。新居に引っ越しすれば、旧マンションを空き部屋にできる。空き部屋ならモデルルームのようにステージングしたり、購入希望者の内見もしやすく売却もしやすい。

一方で売り急ぎで不本意な値下げに応じたら時には何が起こるか。いまのマンションの住宅ローンが残っており、新居でも住宅ローンを予定しているなら、旧居と新居の二重ローンになってしまう。そもそも旧ローンがあると新居の住宅ローン審査に通らなかったり、通ったとしても金利などの融資条件が悪くなることも考えられる。

さらに旧マンションが思ったほど高く売れない場合、資金面で大惨事になる可能性もある。やはり「買い先行」が向いているのは、いまのマンションが人気物件か、資金に余裕がある人だろう。

前回:マンションの「ペット禁止」築古物件にそびえる壁(4月21日配信)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT