続報!大塚家具、父娘「激突」の舞台裏

昨年初から両者の対立は抜き差しならかった

会長兼社長の大塚勝久氏(大塚インベスターズガイドより)

目下、久美子氏は取締役ながら、取締役会を除く会議にはほぼ出席せず、会社には週数日行く程度である。会社を去る選択肢もあったが、それでは現社長を抑える人が誰もいなくなる、と判断。解任された後も会社に残ったものの、勝久氏の言動を見ても、一向にガバナンスの改善がないとして、株主提案という最後の手段もやむをえない、との姿勢に傾いたわけだ。

上場会社は所有と経営の分離が重要だ。久美子氏によれば、自分は株主および創業家の立場として、社長になるとしてもショートリリーフでよく、その次の社長は創業家以外でも構わない、など様々な選択肢を模索している。

この間、経営方針をめぐり、両者の対立は根深い。久美子氏は2009年の社長就任以来、“敷居が高く”なっていた店舗の見直しを断行。顧客の裾野拡大に腐心した。

もはや時代遅れの売り方?!

大塚家具の従来の売り方は、店舗入り口で氏名や住所を書かせ、会員登録をさせたうえ、販売店員が一緒について回る接客方法だ。いわゆる“結婚後のまとめ買い”需要で成長し、2001年12月期には営業利益75億円でピークを迎えた。

しかしその後、住宅需要低迷に加え、ニトリホールディングスや北欧のイケアなど、新興勢力が台頭。単品の買い替え需要も増えていった。消費者は安くても高品質でセンスある商品を選ぶ時代になったのだ。

このため久美子氏は社長在任時、「(一人でも)入りやすく、見やすい、気楽に入れる店作りをしてきた」。店舗にもカジュアルな雰囲気を施して、「10年以上減り続けてきた入店者数も数年前に増加に転じた」(同)。

が、勝久氏は、この路線転換を許せなかったようだ。

次ページ次々と改革路線を否定する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT