続報!大塚家具、父娘「激突」の舞台裏

昨年初から両者の対立は抜き差しならかった

前期は4年振りに営業赤字に転落。が、キャッシュは豊富で自己資本比率も74%と、すぐに傾くことはない

10年前に戻す──。2014年7月に社長に返り咲くや否や、勝久氏は自分が進めてきた元の路線に一気に回帰。新聞の折り込みチラシなど広告宣伝にカネをかけ、高価な商品を前面に出しアピールしている。

さらに、久美子氏がファッションに敏感な層を取り込むため出店した青山と目黒の小型店も、勝久氏が社長に復帰すると同時に閉鎖を決定。わずか半年で、久美子氏が5年間進めてきた時計の針を、すべて戻している最中にある。

これに対してある幹部は「(勝久会長は)今まで自分がやってきたことやアイデンティティまで否定されたと思ったのだろう」と推し量る。

4年振りの営業赤字転落へ

大塚家具は2014年末、前2014年12月期の業績について、2度目の大幅下方修正を実施。期初の約12億円の黒字から、約5億円の営業赤字へ4年ぶりに転落する、と発表した。

今でも久美子氏は父の勝久氏を、「カリスマ的に黄金期の大塚家具を引っ張り成長させたことはすばらしい」と評価しながらも、「ただ消費者は変化するので手法も変わるのが自然だ」と付け加えるのを忘れなかった。

はたして今回の久美子氏の動きに、株主総会を前に、勝久氏が取締役会でどう判断するか。創業家内の攻防は次なる幕を迎えようとしている。

(撮影:今井康一)

週刊東洋経済2015年1月24日号<19日発売>「核心リポート01」を加筆して転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT