スクープ!大塚家具で前社長が社長に反旗

老舗の家具大手で父娘に何が起こっているか

1969年創業の大塚家具は勝久氏が一代で築き上げた(写真は有明本社、撮影:今井康一)

ジャスダック上場の大塚家具に激震が走ろうとしている。

2014年7月23日に社長を解任された大塚久美子取締役(46)が、会長兼社長で実父の大塚勝久氏(71)を含む現経営体制を一新するよう、「株主提案」を検討していることが明らかになった。新体制案が取締役会で承認されるなら、見送る公算だが、このまま株主提案に発展すれば、まさに異例の展開だ。

解任後、メディアの単独取材として初めて応じた、久美子氏が明らかにした。

これに対し、勝久氏や長男で取締役の勝之氏(45)らが反発するのは必至だ。逆に久美子氏自身が取締役を解任される可能性もある。3月下旬に開催される株主総会を前に、創業家が真っ二つに分かれた、異例の委任状争奪戦(プロキシ・ファイト)に発展するかもしれない。

果たして創業家内の父娘の攻防はどう決着するのか――。

(詳細は1月19日月曜発売の「週刊東洋経済」2015年1月24日号をご覧下さい)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。