スクープ!大塚家具で前社長が社長に反旗

老舗の家具大手で父娘に何が起こっているか

1969年創業の大塚家具は勝久氏が一代で築き上げた(写真は有明本社、撮影:今井康一)

ジャスダック上場の大塚家具に激震が走ろうとしている。

2014年7月23日に社長を解任された大塚久美子取締役(46)が、会長兼社長で実父の大塚勝久氏(71)を含む現経営体制を一新するよう、「株主提案」を検討していることが明らかになった。新体制案が取締役会で承認されるなら、見送る公算だが、このまま株主提案に発展すれば、まさに異例の展開だ。

解任後、メディアの単独取材として初めて応じた、久美子氏が明らかにした。

これに対し、勝久氏や長男で取締役の勝之氏(45)らが反発するのは必至だ。逆に久美子氏自身が取締役を解任される可能性もある。3月下旬に開催される株主総会を前に、創業家が真っ二つに分かれた、異例の委任状争奪戦(プロキシ・ファイト)に発展するかもしれない。

果たして創業家内の父娘の攻防はどう決着するのか――。

(詳細は1月19日月曜発売の「週刊東洋経済」2015年1月24日号をご覧下さい)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。