ユニクロ"残酷工場"で何が起きているのか

苛烈な労働環境を告発したNGO会見の詳報

会見に臨んだSACOMのチャン氏(中央)とヒューマンライツ・ナウの伊藤事務局長(右)
 「地獄のような危険な労働環境」――。香港のNGOであるSACOMは1月15日、厚生労働省で記者会見を行い、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの製造を請け負う、中国企業2社の労働状況に関する報告書について説明した。
 48ページに上る「中国国内ユニクロ下請け工場における労働環境調査報告書」では、2社の基本給が最低賃金であることや時間外労働が月100時間を超えていることを指摘。さらに、30度以上にもなる高温や床に流れている排水、無雑作に置かれた化学薬品、粉塵が大量に舞うといった工場内の劣悪な労働環境を報告した。また、わずかな遅刻などで罰金を科すなど多くのルールを課していることも明らかになった。
 これに対し、ファーストリテイリングは同日、改善計画をリリースで発表。労働環境を早急に是正するとした。
 会見での報道陣との主なやり取りは以下のとおり。SACOMプロジェクトオフィサーのアレクサンドラ・チャン氏とNPO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長の伊藤和子氏が回答。特に回答者名は記していない。

SACOMへの回答はまだない

――ユニクロに対して、この報告書をどのように提示したのか。

昨年12月26日にメールと郵送で送り、今年の1月8日までにコメントがあれば出してほしいと伝えた。それを受けて、1月5日にユニクロからアプローチがあり、もしコメントがあれば出してほしいと(再度)伝えたところ、「特にない」ということだった。

だが、1月7日に「会見前に面談したい」と言ってきた。私たちは独立した団体であり、まず多くの人にこうした状況を知ってもらいたいということで、公表前や会見前には会えないという考えを伝えた。

――ユニクロが本日出した文書は回答になっているのか。

おそらく、あれが回答ということなのだろう。一般社会に対しては回答したと思う。だが、少なくともSACOMに対して英語での回答はない。

次ページ問題の本質はどこに?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT