続報!大塚家具、父娘「激突」の舞台裏

昨年初から両者の対立は抜き差しならかった

取締役の大塚久美子氏(大塚家具インベスターズガイドより)

大塚家具では久美子氏が社長を突如解任された後、創業者の勝久会長が社長を兼ねている。久美子氏は勝久氏の長女で旧富士銀行出身。自社株買いをめぐる不祥事や業績悪化もあり、会長に退いた勝久氏の跡を継ぎ、2009年から社長を担っていた。

会社側は久美子氏の解任理由について、「消費増税の反動もあり、受注が低迷したことを受け、機動的な経営判断のために体制を変えた。経験豊富な創業者の下で意思決定したほうが適切である、と取締役会で判断した結果だ」と、説明している。

だが社内からは「勝久氏がほかの幹部に威圧的な態度を続けるなど、経営がどうしようもなくなったことが原因」との証言もある。勝久氏が、自ら出した経営案以外には不満をぶつけたり、自分の案に反対する幹部には過剰に圧力をかけたりした結果、経営陣が混乱したという。

会社側は「取締役会で決めた」と回答

一部では勝久氏の責任を問う声もないではなかったが、当時は「取締役会で理性的な判断ができなくなっており、創業者を守ることが会社を守ること、という意見が強かった」(関係者)。結果的に、内部統制の責任者である社長の久美子氏の解任、という方向に向かった。それでも役員陣は相当もめたようだ。

実際、解任が提案された2014年7月の取締役会では、議決権のない久美子氏を除く取締役7人中、5人が賛成する一方で、社外取締役の1人が反対、1人が棄権。最終的には解任が成立している。

会社側は勝久氏の独走などに対しては、「そういった事実の認識はない。取締役会できちんと決めてやっている」と反論した。大株主でカギを握るブランデスも、社長解任の理由を問い合わせているものの、明確な返答はいまだ受けていないもようだ。

次ページ根深い父と娘の確執
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT